2013年 05月 10日

分離すべり症

Aさんは20数年前、重いものを持ちげて、激しい腰痛になりました。

病院で検査の結果、分離すべり症と診断され、特に治療は受けませんでした。

以来腰痛が続いています。

Aさんは、ものを持ち上げたときに「分離すべり症」になったと固く信じています。

私「以前からあったのでは?」

Aさん「いいえ、それ以前は全く痛くありませんでした。そのときに骨折したのです。」

私がいくら説得しても聞く耳がないようです。

人間一度そう信じてしまうとなかなか大変になってしまいます。

医者によって作られたノイローゼ(神経症)です。

この日も私は4人のギックリ腰を診ましたが、レントゲンを撮ることもなく、皆、その場で改善しました。

筋肉の強いスパズムなんです。そこに局所麻酔を注射すればすぐによくなります。

生理学的根拠のない画像診断はやってはいけませんね。

[PR]

by junk_2004jp | 2013-05-10 14:02 | 慢性痛 | Comments(2)
Commented by 愛菜 at 2013-05-11 22:01 x
すいません質問です。
4年前に側湾症の手術をしたんですけど、鉄棒はしてもいいと思いますか?
ぶらさがったりしてもいんでしょうか?
Commented by junk_2004jp at 2013-05-11 23:37
たぶんいいと思いますが、念のため手術をした医師にお聞きください。


<< 休息できない体、 厳しいしつけ...      画像診断命のお笑い整形外科の笑... >>