心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2013年 05月 24日

ためしてガッテン

今までの常識はうそだった!

85%が非特異的腰痛、10%がヘルニア、脊柱管狭窄症、5%が骨折・悪性腫瘍・感染症

といっていたのに。

とうとう方向転換ですか。私はもう10年も前からヘルニアや脊柱管狭窄は痛みの原因にならないといっています。

そりゃぁそうでしょう。生理学的に説明不可能ですし、疫学的にも臨床的にも説明できません。

筋痛という言葉はでたのでしょうか。痛みの悪循環を説明するには筋痛でなくてはならないのです。


b0052170_21325841.jpg


b0052170_21331862.jpg


b0052170_2134239.jpg

[PR]

by junk_2004jp | 2013-05-24 21:37 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(2)
Commented by NANA at 2013-05-25 20:58 x
主人は腰部脊柱管狭窄症で入院して25日目です。牽引していますが効果が見られず、手術をしてみないかと勧められています。詳しいブログありがとうございます。
Commented at 2013-05-30 00:08 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 20年前のスキーでの衝突事故      脊椎外科医は基礎から勉強をしなおせ! >>