心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2013年 05月 30日

脊椎外科医の言いわけ

腰椎分離すべり症で手術をされた方

先日術後6ケ月経過し手術した病院に症状につき質問しましたが、1年は様子みましょう(退院時は3ケ月は様子をみましょう)の返事、病院のある関係者によると落ち着く迄は3年はかかると言われました。


では1年後はどうなんだろうか?「もう一年様子を見ましょう」というのか。再手術をすすめるのか。

何回も手術をして大変つらい状態にある人を数人知っている。

このような患者を何人も抱えた医師はよほどの強心臓でないとやっていけない。

来院しないようになることを願うほかない。

損傷モデルでは慢性痛や痛みの悪循環を説明することはできない。

損傷モデルは昔に流行ったことで、生理学的にも正しくはない。

痛みは構造上の異常を示すサインではないのだ。


[PR]

by junk_2004jp | 2013-05-30 12:56 | 慢性痛 | Comments(0)


<< 手術は成功していてキレイになってる      ムチャな言いわけ >>