2013年 05月 31日

手術は成功していてキレイになってる

掲示板より

私の母は今年75歳になりました。

10年ぐらい前から足に痺れを感じ、歩いていると突然足が痺れ、足元が不安定になり歩けなくなるのですが、5分ぐらい休むとまた普通に歩けるようになり、病院では脊柱管狭窄症と診断され、5年前ぐらいに黄色靭帯を削る手術を受けましたが、症状は治るどころか悪化し、この5年いろんな薬を試され続けていますが、症状はひどくなる一方です。最近は満足に歩くことが出来なくなり、腿の付け根に痛みを感じ、座るのも辛いようです。

病院では何度もMRIを撮るのですが、脊柱管狭窄症手術は成功していてキレイになってると言うだけで、足のしびれの原因は未だに謎となっているのですが、筋筋膜性疼痛症候群の可能性はあるのでしょうか?


「手術は成功していてキレイになってる」「手術は完全に行われた」

このような文言は何回も聞きました。

手術は成功したが痛みやしびれが治らない、このような例はたくさんある。

痛みやしびれは神経症状ではありません。

痛みやしびれを神経症状だと言っている人は基礎からやり直してください。

重い鞄を持っていたら、腕や手がしびれたり痛くなったりしますね。力も入らなくなりますね。

休んだら治ります。これ間欠性跛行と同じことです。

綱引きも同じようなことがおきますね。

これらは神経症状ではありません。

筋肉の症状です。

長年、地球上で、立ったり座ったり、あるいは歩行したりすると、お尻や下肢の筋肉に不具合が起きるのです。

上腕ならテニス肘、五十肩です。下肢に起こると坐骨神経痛とかいって、ヘルニアだの脊柱管狭窄だのとんでもない診断をしています。

なるべく早く治療しないと、中枢性感作、末梢性感作が生じ、治り難くなってしまいます。

多くの医師、それも専門医が勘違いしています。そのために治療難民が増えています。

[PR]

by junk_2004jp | 2013-05-31 12:31 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)


<< 椎間板ヘルニアの手術は健康保険...      脊椎外科医の言いわけ >>