心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2013年 06月 11日

頚椎症性神経根症

皇后さまの病名だが・・・・

頚から腕にかけて痛みがある。

頚椎の神経の出口部がせまくなっていて神経根を圧迫しているためとされている。

本当にそうなんだろうか。

中高年になると、頚椎5/6、頚椎6/7間はほとんどの人でせまくなる。

その部位で神経が圧迫すると痛くなるという説は昔からあるのだが・・・・。本当だろうか。

生理学的に証明されるのだろうか。

私はもちろんMPSだと思っている。

たとえば、皇后さまはお車の後部座席左に座られ、左を向かれて手を振っていらっしゃいます。

この動作を長時間すると、斜角筋にMPSが発症しないだろうか。

b0052170_13553063.jpg

[PR]

by junk_2004jp | 2013-06-11 13:56 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)


<< 画像診断は無意味です      釧路 >>