心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2013年 07月 19日

ほとんどがMPSなんだけど、ほとんどの医師がMPSを知らないという悲劇

間質性膀胱炎の擬態をつくるMPS

ほとんどの医師はMPSを知らない。

だからヤミクモに検査をする。

なにも見つからなかったら、「悪いところはない」と痛みを説明したり治療することができない。

たまたま、ヘルニアや脊柱管狭窄が見つかればそれが原因だと説明する。

それで治ることはない。

手術をするしかないということで手術をするが、プラセボで半年ほどいいことがあるが、やはり痛くなる。

掲示板より

3年ほど前に脊柱管狭窄症と診察を受け、現在はトラムセットとデパス錠を服用しいますが、1ヶ月ほど前から座骨神経痛の症状(右側臀部の鈍い痛みと右足の痺れ)が加わりとても酷いです。

整形外科の先生は、「脊柱管狭窄症だから仕方がない」と言っていますが、脊柱管狭窄症の症状とは明らかに違います。

思いきって他の整形外科を受診しMRIを受けたところ、骨と神経は悪くくなく、脊柱管狭窄症でも腰椎椎間板ヘルニアでもないといわれました。

やはり、筋肉の硬直が原因なのでしょうか?


この患者さん、2度MRIを撮っています。

最初はヘルニアと脊柱管狭窄のため、しかたがないという説明です。

2度目のMRIではヘルニアも脊柱管狭窄もないという所見です。ではなぜ痛いのかという質問には答えられませんでした。治療もできません。

当院受診

臀筋のMPSでした。ヘルニアや脊柱管狭窄はあってもなくてもいいです。病的意義はありません。

TPBで一気によくなりました。

[PR]

by junk_2004jp | 2013-07-19 20:25 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)


<< シンポジウムのスライド      医師よこれ以上患者に迷惑をかけ... >>