2013年 09月 26日

心が痛いと体が痛い(慢性痛に対する心身医学的観点)

慢性痛の患者さんには、辛い体験があったり、不安な状態が過去、現在にあることが多いものです。

ヘルニアだとか、脊柱管狭窄症だとかすべり症だとかそういった構造上の問題で痛みが起きることは決してありません。

このことを医師にしっかり教えて痛みを適切に取り除くようにしたいものです。

生理学、理論的にスジがとおりません。慢性痛に苦しむ人、無駄な手術に苦しむ人を少なくしたいものです。

Aさん(50歳代)

2月・・・前屈時に右太ももうらに突っ張り。MRIで脊柱管狭窄症

6月・・・両太もも裏にじっとしていられないような突っ張り痛み。硬膜外B、6回効果なし。鍼、整体、フィジオ
     効果なし。

7月・・・大学ペインを紹介され、硬膜外B4回、効果なし。痛み増強、歩行困難、松葉つえ。休職。2回目MRI。

8月・・・総合病院で3回目MRI、脊柱管狭窄症、4・5ヘルニア、神経根ブロック、効果なし。


======================

雑誌「健康」をみて当院受診。

3日間のトリガーポイントブロックで松葉杖なしで歩かれるようになる。


====================

両側の下腿のMPSですが、背景にはつよいストレスがあったようです。

そこらへんを見抜いて、患者さんに説明することはとても重要なことなのです。

よく、先生と同じような治療をしている病院を教えてくれと言われるのですが、患者さんの心が痛い部分を見抜いて治療できるかは、医師の経験によりますので、なんとも言えないのです。

トリガーポイントブロックの手技はそんなに難しいものではなく、だれでもできますが、痛みを心の痛みととらえて、説明し、安心を与えることができるかどうかにかかるのです。

私は心療内科の登録医です。

[PR]

by junk_2004jp | 2013-09-26 14:58 | 慢性痛 | Comments(4)
Commented by pon at 2013-09-26 15:07 x
自分が激痛と闘い慢性痛なった経験から思うことは、先生の仰る通り、心と体の痛みの両面からのアプローチが必要ということです。己が信じられる医師との出会いは本当に大切だと思います。
加茂先生は人の痛みを自分のことのように感じ治療して下さるのです。体の痛みと同時に心の傷みも汲み取って下さっているのだと感じます。だからこそ、私は元気になれたと思います。先生、ありがとうございます。
Commented by B at 2013-09-28 02:27 x
私は2ヶ月前に姪っ子を事故で亡くしたばかりで、そのショックから今だに立ち直れないまま、次は叔母が末期癌で危篤です。慢性腰痛で先生の病院へ通院してますが、現在、腰痛はもちろん、心が壊れそうです。叔母は遠方にいる為、元気なうちに会いに行こうと思ってた矢先に急変したので、10年振りに会うのが亡くなった時という事になるというのが辛いです。明日先生の病院に行くつもりでいますが、報せが入ったらすぐに向かわないといけないし、家族を置いて行くので家の事も心配です。こんな事を考えていて、眠れません。明日もしも報せが入ったら、こんな精神状態と腰痛をかかえてすぐに行く事への不安が波のように押し寄せてきます。幸い病院へ行けたら、治療お願いします。
Commented by pon at 2013-09-28 22:20 x
Bさん、立て続けのお辛い状況に私も涙が出てきます。本当に人生は辛いことの連続、でもこの先、喜びもきっとあると思います。
慢性腰痛も諦めずに治療し私のように元気になってもらいたいと心から願っています。
Bさんのお辛さは私ごときには到底理解できないレベルなのに、失礼をお許し下さい。
今のお辛さを乗りきって先生と二人三脚で元気なBさんを取り戻してもらいたくて、ついこちらをお借りしてコメントしてしまいました。すみません。
Commented by B at 2013-09-29 01:06 x
ponさん。優しい言葉ありがとうございます。幸い報せがなく、病院にも行けました。先生に打ち明けようと思って行きましたが、長くなると迷惑かもしれないと、話せませんでした。でも、治療と薬、湿布を貰ったし、病院に行けたというだけで、しばらくは安心です。ponさんが見ず知らずの私の事を励ましてくれて、嬉しいです。叔母は病気発覚から今の状態になるまでの期間が一年も無かったので、改めて癌は怖いと感じました。姪っ子はわずか数年で他界したので、本当に人はあっけなく逝ってしまうんだなぁと、いかに普通の日々が大事かって事を学びました。ponさん共に一日一日を大切に生きていきましょうね。こんな言葉を言えるようにさせてくれた優しいコメントを本当にありがとうございました。


<< 思考停止のお医者さん      硬膜外血腫で麻痺→裁判 >>