2013年 09月 28日

思考停止のお医者さん

Aさんは、2W前、車に乗ろうと車内に脚を伸ばした時、お尻にピリッと痛みを感じました。

病院でMRIを撮ったところ、椎間板ヘルニアと診断されました。しばらく安静、薬ということでしたがよくならないので当院を受診しました。

もちろんMPSです。

圧痛点に局麻を注射すると痛みは改善しました。

_______________________________

Bさんは自動車整備士です。1W前、朝起きたら腰痛。前屈が困難。

脊椎専門という病院を受診、MRIで検査、異常がありませんでした。

「なぜ痛いか分からない」ということでした。

5000円かかりました。

もう一軒の病院でも同じようなことでした。

知人のアドバイスで当院受診。

背骨の横に圧痛点が二つありました。2mlずつ注射したところ、その場で痛みがとれて、前屈みができました。もちろんレントゲンもMRIもいりません。

私「車の故障で、どこが悪いか分からない、といって5000円は取れないでしょ。勉強しないでもやっていけるのは医者の世界だけですね。」

__________________________

Cさん(60歳代)は東京に行って地下鉄の階段を昇降したり、よく歩いたので足腰が痛くなりました。

病院でMRIで脊柱管狭窄症

しばらく薬で様子見、よくならないので神経ブロック、よくならない。手術をすすめられる。

図書館で雑誌「健康」の私の記事をみる。

遠方から来院されました。

圧痛点に注射してやるとらくになりました。

Cさん「それまでどうもなかったのに急に痛みがでましたので、脊柱管が急に狭くなるはずもないのでへんだなと思っていたのですよ。私も筋肉の痛みだと思います。先生の記事を読んですぐに納得できました。」


________________________

ヘルニアや脊柱管狭窄が原因で痛みやしびれがでることは決してありません。

医師は思考能力が停止しているとしか思えません。

こんなことしてたら、ますます慢性痛の人が増えます。

代替治療家との差がどんどん広がっていきます。

神経線維は圧迫を受けたところでなにもおきません。

絞扼(しめつけ)されると痛み、しびれではなく「麻痺」がしょうじます。

とう骨神経麻痺のドロップ・ハンド

b0052170_201429.jpg


尺骨神経麻痺の手

b0052170_2014540.jpg


ひ骨神経麻痺の下垂足

b0052170_2023814.jpg


このような神経麻痺はみたことがあるでしょう。多くは絞扼性神経障害でおこります。

神経が絞扼されるとこのように神経麻痺が生じます。痛み、しびれではありません。

椎間板ヘルニアではきわめてまれに馬尾症候群といって、麻痺が生じることがあります。

麻痺と痛みは真逆の生理現象です。

麻痺は電気現象が起きていない。

痛みは電気現象が起きている。

[PR]

by junk_2004jp | 2013-09-28 19:50 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(4)
Commented by しろやなぎわたこ at 2013-09-28 20:05 x
加茂淳先生
いつもお世話になります。
先生のお考えで、私自身や同僚・知人も多く救われています。
また、私なりに先生への受診をおすすめするとき
説明させていただいているのですが、
ひとつ、よく違いのわからないことがあるので
教えていただけますか。
「絞扼と圧迫の差」です。
また、「絞扼されると麻痺が生じる」と
よくお書きくださっていますが
その場合はどういう処置が必要なのでしょうか。
Commented by junk_2004jp at 2013-09-28 22:48
ゴムホースが神経だと思ってください。
少々の重みのものがのっかっても水はでますね。その状態が圧迫です。神経は圧迫に強いのです。

締め付けると水が出なくなりますね。その状態が絞扼です。

すぐに解放しないと永久的な麻痺になります。この時手術が必用なことがあります。
Commented by junk_2004jp at 2013-09-28 23:12
本当は「ヘルニアで坐骨神経麻痺になった」「脊柱管狭窄で坐骨神経麻痺になった」というのならスジが通っています。

しかし、現実の世界にはそういう麻痺になった人はいませんね。

麻痺になれば身体障害者ですから、等級があります。

世界的にみてもそんな麻痺をみませんね。
Commented by しろやなぎわたこ at 2013-09-29 14:47 x
ゴムホースの例え、よくわかりました。
ありがとうございます。
「絞扼」状態になるってことは、そう頻繁にはなさそうですね。


<< 切らずに治す!脊柱管狭窄症・ら...      心が痛いと体が痛い(慢性痛に対... >>