2005年 02月 25日

ワーラー変性とは笑わせるよね!

http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_378.htm

7日後には、一部の軸索でミエリン分離は明らかな脱髄へと変化し、さらにはワーラー変性と線維芽細胞の活性化がみられました。

慢性疼痛モデル

http://www.riem.nagoya-u.ac.jp/~jun/pain-models.html

○神経損傷モデルラット

○アジュバント関節炎ラット

○糖尿病性ニューロパチーラット

腰椎椎間板ヘルニアにおける神経根性下肢痛の本質

以上の点を総合すると、椎間板ヘルニアによる根性下肢痛は本質的には「筋痛」であり「皮膚痛」としての要素は少ないと思われた。最近神経障害のモデルとして用いられる事が多い、末梢神経のloose ligationによる足底皮膚痛覚過敏ラットは、腰椎椎間板ヘルニア根性痛のモデルにはならないと思われる。


        _____________________________

治療者はヘルニアによると言われている痛みがワーラー変性とは何の関係もないという勘ははたらきますね。

神経損傷→ワーラー変性→知覚や運動の麻痺(無感覚)

なぜ、医師はこの勘が働かないのでしょうか?
[PR]

by junk_2004jp | 2005-02-25 18:33 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(2)
Commented by sansetu at 2005-02-26 11:52
証明されていない仮説にも賞が与えられるのですね。それにしても、ラット君たちはすごいストレス状態ですよね。極度のストレス状態にあるときの血液や体液の組成、微量物質の質量は当然に変化しますよね。こういう環境下で得られる数値にどの程度の意義を見出せるのか、素人にはちんぷんかんぷんです(笑)。
Commented by junk_2004jp at 2005-02-26 12:50
疼痛モデルの設定そのものに間違いがあると思います。

あの痛みから、神経損傷を想像するって素敵じゃない!

このあたりの話は、生理学者にやってもらわないと。臨床家のレベルを超えていますね。


<< ヘルニア(と言われているものの...      TNF‐α(tumor nec... >>