心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2013年 10月 22日

今日診たとてもお粗末な4症例

まるで悪魔のような脊柱管狭窄症という概念。

神経を圧迫すると、痛みやしびれが生じるという概念は間違っています。

これが大学病院など大病院で行われています。

症例1

b0052170_227916.jpg


Aさん(70歳代)はあぐらをかいて、前屈みでする仕事をしています。

両側のお尻から大腿部にかけて痛みがあり、日常生活が困難となりました。

いろいろ治療しましたがよくならず、7月に大学病院で脊柱管狭窄症ということで手術をしました。

しかし痛みはとれません。今度、MRIで再検査の予定でした。

雑誌「わかさ」を読んで当院を受診しました。

中臀筋や梨状筋の圧痛点数か所に局麻を注射しました。

すぐに、その場で痛みが取れて、あぐらも可能、階段の昇降も可能になりました。

Aさんはとても感激していらっしゃいました。

MPSを知っていればこの症例は簡単です。

脊柱管狭窄で痛みがでるなんてことはありません。


症例2

b0052170_2234555.jpg


Bさん(80歳代)は今月はじめ、草むしりをしてからか、お尻から大腿にかけて痛みがでて歩行困難になりました。

ある病院で診察のけっか、脊柱管狭窄症で手術が必用とのことでした。

雑誌「わかさ」をにて来院されました。

小臀筋、外側広筋などのMPSでした。

もちろんTPブロックで改善しました。

症例3

b0052170_2235151.jpg


C(80歳代)さんは足裏の3、4、5指あたりがしびれています。

腰、頚の検査をしたら、頚部の脊柱管狭窄症が原因だということで、6月に頚の手術をしましたがよくなりませんでした。

頚部脊髄症なら、病的反射がでて、痙性歩行など脊髄症状がでますね。Cさんはそういうことはなく単に足裏がしびれているだけなのです。

2日間TPブロックの治療してしびれは改善しました。

症例4

b0052170_2241811.jpg



遠方からこらでたDさん(90歳代)は両側のフクラハギが痛くて歩きづらい。ご高齢ながら、最近までダンスを趣味としてやっておられました。

もちろん診断は脊柱管狭窄症です(笑)。

患者さんは雑誌などを見てトリガーポイント注射を知っています。

医師にTPブロックをしてくれといったところ、

「そんな恥ずかしい治療はしません。」とのことでした。

こんな症例腰からきているといって腰に注射をして、治せないほうが恥ずかしいことです。い

ずれの症例もMPSを知っていれば、触診だけで十分に診断でき、早期ならば数回の治療で完治可能です。

MPSの概念の普及が急務です。



[PR]

by junk_2004jp | 2013-10-22 22:28 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(2)
Commented by hiro-honmati at 2013-10-23 13:09
富山の高崎です。大変貴重なご報告、ありがとうございます。今後も先生のブログを楽しみに勉強させて頂きます。今後もよろしくお願い致します。
Commented by Tokyo小池 at 2013-10-23 13:16 x
掲示板や加茂先生のもとを訪れる患者さんの多くは、
ドクターショッピングの末、いろーんな、なんちゃって病
をつけられてこられます。
ですが、痛み歴の長い方も短い方もほとんどが、ただのMPS。
痛み歴の最初から最後までMPSなんですよね。

脊柱管狭窄症は最近の整形外科医のお気に入りの骨骨疾患の
ようですね。
ですがそんなのお年寄りになれば骨や軟骨に異常があったって
当たり前なんです。この事と痛みは全くの無関係。

痛みはメスで治すものではありません。

今、痛みに悩まれてる方、積極的に筋肉へアプローチできる
医者、治療家を選んで治療してください。
今の段階では患者が自らMPSを学び、治療の軸として
どの方法が自分にとって良いか、取捨選択していく他ありません。


<< 痛み診療の戦後レジームの脱却      わかさ2013年12月号 >>