心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2013年 11月 21日

TPBは心に打つ注射

ちょっとかっこよい話をさせていただきます。

短い診療時間で、患者さんの苦しみの本質を見抜き、全人的に治療しなければなりません。

それには言葉や態度が重要です。

医師も人間ですから体調の悪いこともあり、いつもうまくいくわけではありませんが。

TPBのわざなんてしれてます。研修医でも私も同じでしょう。違うのは会話のし方だと思います。

TPBは一つの手段なんです。

医師には個性がありますから、TPBにしてもいろいろでしょう。

次のメールは9年間、痛みに苦しんでいたかた方からのものです。


加茂先生へ

11月12日から15日までトリガー注射してもらいました妊婦のAです。先生には感謝感謝です。ありがとうございました。

受付の方にも看護師の方にも入院患者さんたちにも、待合室の患者の方にも、小松の町の人にもみんなに優しくされて本当に心が癒されました。小松が第二の故郷のように大好きになりました。

15日金曜日の午前中にトリガーを打って、無事Bまで帰りつきました。帰りは足も軽くてさくさく歩けてほとんど疲れませんでした。本当にありがとうございました。

病名がわかったことで、周りにSOSを発信することができ、保健師さんが子育てについて相談に乗ってくれたり、職場の組合も動いてくれて、また体調がよくなれば仕事復帰の道も開けそうになりました。

心に余裕ができ、子供にも優しく出来るようになりました。今まで何も出来なかった自分が好きになれなかったけど、実は病気と気付かないまま、これまですごく頑張ってきたんだということが分かって自分が好きになれました。世界が変わった感じです。

土曜には家族とふぐを食べに@という繁華街に出かけることができました。とても美味しかったです。

そして、Cにある、D整形外科で火曜日にトリガーポイントしてもらえました。妊婦を診たのは初めてで、恐る恐るでしたが、アメリカでの経験もあり勉強熱心そうな方でした。ネオビタカインとノイロトロピンでした。

注射する場所が限られているのと、胸には打たないことで、加茂先生のときのようには、改善されなかったけど、打たないよりははるかにらくです。せめて、胸に打ってくれれば、息苦しさもとれるし、痛みで目が覚めないと思うんですが。胸などには打ったことないとのことで、さすがに妊婦で初めて挑戦する気にはなれないだろうなと諦めました。D先生と信頼関係をまずは築いて、出産後にじわじわと交渉してみようと思います。

[PR]

by junk_2004jp | 2013-11-21 01:49 | MPS | Comments(0)


<< 私の本を読んだ整形外科医からの質問      うれしいメール >>