2013年 12月 11日

ヘルニア手術の失敗、裁判に勝つ

だいぶ前になりますが、このブログである方(X氏)と激論をしたことがあります。

X氏はYクリニックでヘルニアの手術をして痛みが取れたそうで、ヘルニア犯人説を信じています。

X氏は「Yクリニックではモニターをみて手術をするので安全だ」と主張。

Yクリニックの名前はあとでメールで教えてくれました。そしてそのHPを読むようにと言われました。Yクリニックは脊椎脊髄専門医で私は脊椎脊髄の専門医ではありません。

このたび、偶然にもそのYクリニックでヘルニアの手術をしたA氏は、痛みは取れず、同クリニックで再手術。

一生、車いすの状態になってしまいました。おまけに全身の痛みを管理していかなくてはならない。

先日、A氏から「裁判で勝った!」との電話がありました。手術の過失が認められたのです。

「ヘルニアが神経を圧迫しているために痛む」こんなことはありえません。

神経を圧迫、絞扼すると麻痺になる、つまり動かない、感覚がないというのなら正しいのです。

つまり誤診のうえに過失が加わったわけです。A氏にとっては人生を全く狂わされたのです。

このようなことは二度とおきないようにしないといけませんね。

[PR]

by junk_2004jp | 2013-12-11 00:04 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(4)
Commented by タク at 2013-12-11 18:19 x
そのモニターってこれのことですね?
http://junk2004.exblog.jp/12276639

Commented by 患者 at 2009-11-07 21:45 x
加茂くん、ビデオで見た程度ですか。。。 内視鏡手術による、モニターの件ですが、このモニターはあくまでも神経のダメージを見る為のモニターです。前にも言いましたが神経に誘発電位を起こしそれらをモニターで確認しながら、神経へのダメージを防ぎ手術を行なうというものです。これらの作業が行われず加茂くんの言うような、ただ「気をつける」という間違った手術が行われていることが問題ではないですか?っていうか、加茂くんは知らなかったんですね。
Commented by ポンスケ at 2013-12-12 21:06 x
加茂先生の云いたい事は分かりますが、裁判の過程がこの内容だと分かりません 。何が焦点となって、何を立証して勝ちを得たのか理解できません。
私は針灸手技臨床で生活しています。患者さんにも腰椎ヘルニアの手術で良くなった方(痛みから解放された方)、一時は良かったかがまた痛みがぶり返した方などなどケースばいケースです。私の治療で改善したケースもあります。私が今回ののブログ内容をみてプロの臨床家として感じる事は何を裁判にして何を勝ち得たのかが分かりない以上は、医学的には判断できないと言うことです。
Commented by junk_2004jp at 2013-12-20 14:04
裁判の過程は私は知りません。

医学的に考察して、神経が圧迫を受けて痛みが生じることはありません。だからあなたが治療しても治ることがあるのです。
Commented at 2013-12-22 21:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 最近のCareNet.comより      私の本を読んだ整形外科医からの質問 >>