心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2014年 01月 15日

医師を信じて治療すると大抵はよくなる

b0052170_13471525.jpg


私が治療にあたった患者さんですが、新聞に投稿したのをFaxで知らせてくださいました。

___________________________

夫の死後の腰痛、手押し車でやっと歩行

脊柱管狭窄症という診断

3カ月間の通院治療

歩行日記

6年間

___________________________

医師が治すというよりかは、自然に治るのを手助けする、寄り添う、励ますということか。

脊柱管狭窄症という診断はいただけない。

構造を診断しても何の意味もない。脊柱管が狭くても痛みはおきない。

うつ状態が背景にある腰下肢の筋筋膜性疼痛症候群だ。


[PR]

by junk_2004jp | 2014-01-15 13:55 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(1)
Commented by 関門 at 2014-01-15 20:24 x
先生に治療して頂いた者です。急に昔勤めていた重度自閉症者の人達を思い出しました。パニックを起こしてコンクリートに頭をぶつけたり手を骨折しても、唇を切っても、病院に連れて行きギブスを巻いても又は、唇を縫合しても 全部自分で取ってしまっていました。彼らには痛みは感じないのだろうと医者もビックリするほどでした。今さらなんの話かと思われるでしょうが痛みを感じない脳が有るんだと…。障害が重い分痛みを感じないだけが幸せなのかも。と思ったことが有りました。


<< 種子骨障害      外傷後の痛みは不安が持続させている >>