2014年 02月 28日

神経線維が傷ついていないのに「神経障害性疼痛」とは??

b0052170_188062.jpg


武田哲也さんが最近、TVで広告していますね。

http://toutsu.jp/cm/

神経障害性疼痛は、さまざまな原因によって、神経が異常な興奮をすることで起こる痛み。

代表的なものには、坐骨神経痛や頸椎症、帯状疱疹後神経痛、糖尿病神経障害による痛み・しびれなどがあります。

ビリビリ、ジンジン、チクチクは神経からのSOS!


___________________

一方、私が学校で習った神経障害性疼痛とは

http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=93309&from=tb

神経が傷つくことで起こる難治性の神経障害性疼痛(とうつう)について、脾臓(ひぞう)内の酵素「カテプシンS」が痛みの慢性化に関与しているとの研究を、九州大歯学部の中西博教授(薬理学)らのグループが発表した。

 治療薬の開発につながる可能性があるとしており、米科学誌「ジャーナル・オブ・ニューロサイエンス」(電子版)に19日付で掲載された。

 神経障害性疼痛は衣服に軽く触れるだけでも激痛が走り、モルヒネなどの鎮痛剤も効きにくい。リンパ球の一種である「T細胞」が、慢性化の原因のひとつではないかと考えられているが、詳しいメカニズムは不明だった。


代表的なものは幻肢痛、帯状疱疹後神経痛があります。

いったいどちらが正しいのでしょうか。

武田哲也さんが間違っているように思いますが、いつのまにか、神経障害性疼痛の定義が変わったのでしょうか。

ジンジン、チクチク、ピリピリなら、線維筋痛症は神経障害性疼痛ですね。

坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症も神経障害性疼痛。

痛覚神経が圧迫を受けて過剰に興奮している?

そうではないのです。

いずれも筋肉に問題があります。

痛みの悪循環が続くと、痛みの信号が次第に強くなります。

リリカは慢性痛の薬というほうが正しいのです。

[PR]

by junk_2004jp | 2014-02-28 18:29 | 慢性痛 | Comments(3)
Commented by Tokyo小池 at 2014-03-03 19:00 x
医師のヘンな診断。

ノルスパンテープを処方してもらいたくて
いつもと違う病院の医師を尋ねました。
もちろん他病院で、疼痛の薬を飲んでいる事を
告げて、ノルスパンを試したいと話たところ、医師は
「よし、レントゲンを撮ろう」と言い出しました。
私は、少し焦りながら、レントゲンは診断に必要ないのでは?と
医師に言いました。
医師含め、スタッフ全員から笑われました…。
診断基準になるものがなにもないと保険を通せないでしょ?と。

MPSの概念がしっかりとあれば画像診断がなくとも診断は
つくはず。

加茂先生、一般の整形外科医のレベルはわかっちゃいるけれど、
やっぱり悔しいね…。
Commented by 関門 at 2014-03-04 20:06 x
こんにちは♪早期治療で治るとか、よく書かれてますよね…診断出来るだけの医者がいないのに治療もうけられなず、みんな難治科するんてす。ボンボン医者ばかり、マニアル通り…。加茂先生の雑誌の切り抜き持って行きます。針も買って渡してます。なんか少しずつメンタル強くなったような気がします。治療に行きたいですがマッサージがもうだめになりました。触れらるだけで痛いです。
がんばります♪
Commented by u-kari0427 at 2014-03-06 08:03 x
初めてコメントします。
この武田氏のCMが、すごく気になっていました。

加茂先生のお考えに、真っ向から対抗しているみたいだったので。
このエントリーで安心しました。
でも、このCMは、続くのでしょうね。

私は、足の関節の不快感で、近くの整形外科へ3ヶ月通いましたが、好転することなく、抑うつ状態になってしまいました。
医師は、自分の治療方針が、最高の方法だと言っていました。
好転せず精神的に追い込まれていることには、まったく気付かず、きつい言葉をかけてきました。
今は、メンタルへ通院中です。


<< 侵害受容性疼痛が神経障害性疼痛...      器質的疼痛vs心因性疼痛=急性... >>