心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2014年 03月 29日

慢性痛の8割は筋肉の痛みが原因だった

b0052170_15153469.jpg


b0052170_1516397.jpg


慈恵医大ペインクリニック診療部長、北原雅樹先生の著書です。

「慢性痛の8割は筋肉の痛みが原因だった」では残りの2割にはどういうものがあるのか?

リウマチ・痛風・仮性痛風・・・・・・・これは自分で体内に炎症を起こす物質をつくる。繰り返される急性痛ともいえる。

帯状疱疹後神経痛、幻肢痛

ガン性疼痛。感染症


骨折の痛み・・・・骨折+MPS

半月板、腱板損傷の痛み・・・・半月板、腱板の損傷+MPS

損傷の治療と痛みの治療は別問題。損傷が治ったからといって痛みが治るとは限らない。


「今の日本の医療では慢性痛患者を救えない」

特殊な筋性慢性痛として、線維筋痛症、CRPS





[PR]

by junk_2004jp | 2014-03-29 15:23 | 慢性痛 | Comments(3)
Commented by Tokyo小池 at 2014-04-01 12:02 x
先日、私の身内が手首に包帯をしており、話を聞くと数日、痛みがあり
物が持てない状態だとの事でした。

私は痛みのある手首にカウンターストレインの指導をしました。
結果、痛みはその場で消失、本人曰く、全く痛みがない状態だと喜んで
おりました。明日、整形外科に行こうと思っていたので助かったと。
時間にして、5分とかかっていません。

これが、一般的な整形外科に行っていたらどうなっていたでしょう?

おそらく、まずレントゲンを撮り、画像診断の後、なにも解決せず、
シップと痛み止めをもらって痛いまま家路についた事でしょう。
5000円前後の無駄な出費も当然出ます。

私のような全くの素人が痛みを消す事ができて、医大で6年も勉強して
きた整形外科医が痛みを消す術を知らない。

極論、今現在の整形外科の存在の意が私には理解できません。

筋肉をどう見立てるか?この重要性をあらためて実感した出来事でした。
ちなみにその身内は、ういた5000円で家族で美味しいものを食べたそうです。
そのほうが整形行くよりいいですね。^^
Commented by 某原 at 2014-04-06 21:58 x
この本読ませていただきまして、日本の痛みに対する治療の現実を改めてかんじました。一つ気になるのが、私は加茂先生の、神経が圧迫されて痛み・痺れは生じないという主張を支持しているのですが、この書籍の中では、神経圧迫は痛み・痺れを誘発すると書かれていました。テーマは筋肉の痛みということが加茂先生のブログと同じで一貫されていたと思いますが、その点(神経圧迫云々説)はいかがでしょうか?そこにこだわって読む必要はないかなとは思ったのですが。
Commented by junk_2004jp at 2014-04-08 17:08
私もそう思いました。全体の印象は筋痛症でしたね。


<< 脊椎疾患の未来      むちうち、7年目 >>