2014年 04月 10日

不安は痛みを拡大・増強

症例

50歳代、女性

昨年7月、階段から落ちて右ひざをうつ。

現在は図のように痛みしびれあり。杖を使っている。

b0052170_0215593.jpg


いくつかの病院と整体、整骨院を受診。

病院ではすべり症で手術が必用といわれた。

2つの整体、整骨院で当院を受診するようにいわれた。

当院は病院からの紹介はないが、代替治療家からは時々紹介がある。

3回の通院治療で著明改善、杖なしで歩行が可能となる。

障害児をもって将来が不安なのです。

「決して見ることができない未来を見ようとして不安なのです。人生は今の連続ですから、今が大切なのです。今でしょ!」

などといって治癒を約束しました。

すべり症が痛みの原因になることは決してありません。

痛み・しびれのきっかけは外傷でもそれが長く続き拡大するエネルギーは心(不安、怒り)にあるものです。


[PR]

by junk_2004jp | 2014-04-10 00:49 | 慢性痛 | Comments(1)
Commented by リン at 2014-05-20 03:27 x
不安もケガによって治るか?や焦りや痛みの強さやひどさも、しがらみもあるおもう。自分でのケガでも、不便で邪魔で焦りや無知もあるし、何度も運悪く痛め通院し、でうまく初め理解できなかったけど、治療効果が悪くなった時あったな。スパイラル治療で基本は効果あったんだけど、そんな現象怖かったな。なぜ?と怖かったし。


<< 微笑みうつ病      脊椎疾患の未来 >>