心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2005年 03月 16日

筋肉・腸・気管支・心臓・皮膚

筋肉・腸・気管支・心臓・皮膚 特にこれらの臓器は自律神経を介して心を強く反映します。

生物・心理・社会的モデル=心身症=holistic(全体的、全人的)医学

holistic つまり、全体を脳が指令、認知、反応しているのです。

holisticというとなにかうさんくさい感じがする人もいるでしょう。単なる誤解です。

不整脈で内科、耳鳴りで耳鼻科、腰痛で整形外科と受診していろいろな説明を受けて、薬をいっぱいもらっているが良くならないなどというケースはよくあることと思われます。

ストレス(不安、抑うつ)の症状と理解できれば、みんなまとめて治療できるはずです。

医師になりかけのころは、「構造的」なことに強く心をひかれるものです。椎間板、椎間関節、神経根、仙腸関節、骨盤前傾角、椎体のアライメント、・・・等々。痛みの謎が分かったように錯覚するものです。10年すぎてもそれにこだわるようではセンスが悪いということでしょう。

MRI,硬膜外鏡、関節鏡など構造をどれだけ観察しても痛みやしびれが分かるわけではありません。
________________

症例

http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_58.htm

私のHPの症例1のAさんが3年ぶりに受診されました。1W前から、また以前のような腰~左下肢痛が出現しました。あれから3年間全く異常なかったそうです。

夜間痛、歩行痛つよい。足先のしびれがつよい。

「今回の原因はなにですか」
「部署が変わったので、それがきっかけでないかと思います。痛みが来た来たという感じがして次第に強くなりました。」

圧痛点ブロックをして、痛みはほぼとれました。しびれはまだとれていないそうです。

たぶん多くの医師は神経根症状ととらえてMRIの検査、安静、硬膜外、などとなることと思います。私は腰~下肢の筋筋膜痛と思います。前回(3年前)も1W位で治癒しましたので今回もそれぐらいで治癒すると思います。

ヘルニアで手術をしていたならば、ヘルニアの再発だということでしょう。

____________

Bさん(60歳代)、左膝痛。約1年以来の受診。

「1W前より、また膝が痛くなりました。」歩行で痛み、夜間痛。
「どこかへ行く予定はないですか。きっとそんなことと関係しているものですよ。」
「そういえばこんど○○へ観光に行くことになったのです。痛くなったのは、それが決まってからでした。」
b0052170_13482228.jpg図のような圧痛点をブロックすると、症状は消えて「楽になりました。」
潜在的な不安(膝大丈夫かな?)が顔をだすのでしょうか。

こんなことが多いのですよ。これも筋筋膜痛です。しかし、軟骨が減っているなんて言い出すと治らなくなってしまうこともあるのです。グルコサミンなどにお金をつぎ込むようになるのです。軟骨が正常なら、関節鏡で半月板の異常といわれて手術することさえあるのです。

AさんもBさんも安い医療費(検査は何もしていません)で納得の診療です。心身医学を理解して医療を行うことによって、医療費は節約され、治療効果もあがります。

医療費を抑制しようとするなら、研修医のときに1年間、心身医学を必修にすべきです。
[PR]

by junk_2004jp | 2005-03-16 08:36 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(6)
Commented by haripo at 2005-03-16 18:29 x
ふらりと迷い込んだ鍼灸師です。腰痛などの場合に、鍼灸師の多くも構造的着眼が好きですね。でも私は、旦那の実家に行く前日にきまって急性腰痛になる女性や、兼業農家のお嫁さんで、田植えや稲刈りの前に急性腰痛になるなどというパターンを多く経験して、腰痛はむしろ心療的分野と思っていましたから、こういう分野の話がもっと多くの方に知られることを心から願っています。
Commented by junk_2004jp at 2005-03-16 19:30
痛みは心理的なことですね。そこに気づいて治療するということがだいじなことです。このような考え方が一般的になればいいですね。
Commented by sachiko at 2017-08-22 20:22 x
凄く出遅れてしまいましたが、コメントさせて頂きます。
私も20年以上も腰痛に悩んでおり、約10年前にどこの治療院へ行ってよいか分からずただ有名だ!スポーツ選手が通い予約のとりにくい治療院!やら色々回りました。
結果、運動不足、姿勢が悪い、体重落とせ!と言う話しをし、ただただ毎日低周波や意味の分からないマッサージをする事がとても不満でした。
それでも腰痛はよくなる事は少しはあっても原因が解らない限り再度同じ痛みを発症しのらりくらりと治療をしていました。
知り合いに紹介してもらった治療院ですが、紹介ってあてにならないですよね?それでもその日1日の辛いのが少しでも軽減されれば!と言う期待で中野にある接骨院を訪れました。

そこの院長に問診触診してもらい初めて言われた事は「こんなに辛いのよく我慢してましたね。毎晩寝れてますか?日常生活も辛いと思うので、あまり無理をせず少し時間はかかるかもしれないですが、きっと寝れる日がきますから!治療していきましょうね」
と言われた時、今までの治療院で言われると思っていたのに、何がどう辛い!と言った訳ではないのに、私の悩みをすべて見抜かれた瞬間でした。
そんな優しい?言葉をかけて下さった先生は今までおらず、嬉しさで涙があふれ、意味解らず「ありがとうございます、私頑張ります!」と言ってました。
少し時間はかかりましたが、普通に歩けるようになり、夜も眠れるようになりました。
おかげさまです。

それがきっかけで、私は安定した会社員の職を辞退し柔道整復師の免許をとる為、専門学校の入学を決めました。

3年通い国家資格をとったものの、もちろん座学と臨床との違いにビックリする毎日です。
続く
Commented by saschiko at 2017-08-22 20:26 x
続き
違い・・・について。
もちろん、治療法についても「違い」は感じますが、とっても「違い」を感じているのは、どこの接骨院でも全身のマッサージをして時間になったら、「ハイ!今日はこれで終わりです!また様子みて明日も来て下さいね!」※「また明日も来て下さいね!と言え!と強要もされます・・・」
そうーって言っている現場をみると、「私はただ毎日マッサージをする為に3年勉強してきた訳でもないし!」と言う葛藤と、結局、雇われているから仕方ない!と言う思いと、色々な違いを感じています。
もし外傷が来ない接骨院ならば、外傷が治せない先輩方ならば、元々外傷の来ない治療院、例えば腰痛専門治療院とかで勉強した方が、自分の為にもなる!と思い、接骨院で働くのを辞めました。
そんな悩んだり、現場での葛藤があったりとで、またあの腰痛が発症してしまいました。
私もおそらく、ストレス性の腰痛だと自分で判断しますが、多角的にみてみないとわからないので、色々な先輩、柔整、鍼灸師、整体師、カイロの先生などに相談しています。
結局、原因不明なまま月日がたちました。本当にストレスなのか???
Commented by sachiko at 2017-08-22 20:26 x
続き

痛み・・・
痛みのある患部だけを治療する先生。
おそらくこれはヘルニアですね。と勝手に簡単に診断しちゃう先生。
僕が1ヶ月で治しますね。と言って半年も1年も通わせちゃう先生。結局治ってないじゃん!
もううんざりです。
それは本当に患者さんの為の治療ですか?自己満足の治療になってませんか?
と遠回しで先輩方に質問すると、1番下っ端が何を言ってるんだ?と怒鳴られ、院長の手はグーでした、拳は飛んできませんでしたが、完全なるパワハラです。
私は、答えは1人1人考え方が違うように、答えも1つ1つあると思っています。
私の下にはいってきた後輩にはちゃんとその事を教えてあげます。正解なんってありません。あなたの施術が患者さんの為になっているとお互いが思えて自分に自信があれば、それが正解です。教科書は正解の載ってる本でもないですし。
第三者が正解、不正解なんって判断するのはおかしいと思うので、自分の勉強してきた事や、自分がした治療法に自信をもって患者さんと接して下さい。と伝えています。
お話を聞いてあげる事も立派な心の治療となります。
私が体験したように、心の奥底の悩みを聞いてもらった訳ではないのに、本当に楽になります。
お話を聞いてあげる事も柔道整復師にはできます。
もちろん施術もしますが、耳を傾ける傾聴を治療の中に入れて行きたいと思っています(意識的にしています)

何が書きたいのか解らなくなってしまいました。
すいません。
おそらく、私もまた悩み始めているのだとおもいます。
Commented by 国松 at 2017-08-25 07:14 x
おいらは、明るい未来を信じて
明るい心で 好きなことを
ぼちぼちやっています。

 「これで いいやん!」

  ヽ(^。^)ノ \(^。^)/ ヽ(^。^)ノ


<< ROAD RUNNERさん      なぜ手術に賛成できないか >>