2014年 06月 29日

functional somatic syndrome

functional somatic syndrome

直訳すると「機能的な身体症候群」=「心身症」

「心身症」は誤解が多いですからFSSと言う方がいい。

痛みはFSSです。functional somatic syndromeで検索すると英文が多い。

いろいろな条件によって痛みの程度がかわりますね。

http://intmed.exblog.jp/5247077/

過敏性腸症候群、線維筋痛、慢性疲労症候群、NUD(機能性胃腸症)、緊張性頭痛、非特異的胸痛、慢性骨盤痛、閉経後症候群、顎関節症、慢性背部痛などとFSSはオーバーラップしたものであるが、治療研究では単独症候群に限定しており、信頼性のある一般的に受容されている診断クライテリアがないのである。



慢性痛はもちろんFSSです。

身体のいろんな部位に痛みがあることが多い。またほかのFSSを合併していることも少なくない。

ヘルニア、脊柱管狭窄、軟骨、半月板このような構造的な問題が原因で痛いという医学はもはや過去の失敗です。

生理学的にも統計的にも臨床的にも説明がつかない。

FSSをいかにリッセットするかです。

患者さんの得手不得手があるでしょうし、哲学があるでしょう。押し売りはしたくないです。

時間、おかね、いろいろな条件があります。

慢性痛の治療は脳についた癖をいかにかえるかということです。

手術は大掛かりなプラセボです。吉とでればいいですが、短時間だったり、また再発したりすることが少ない。

吉とでなかったらいっそう辛い痛みを抱えることがあります。



[PR]

by junk_2004jp | 2014-06-29 09:44 | 慢性痛 | Comments(0)


<< どれだけ時間をかけても知らない...      慢性痛症候群(慢性痛症) >>