2014年 07月 27日

HOW TO TEACH DOCTOR ABOUT MPS

HOW TO TEACH DOCTOR ABOUT MPS (医師にいかにしてMPSを教えるか)
線維筋痛症と同様、筋筋膜性疼痛症候群(MPS)もしばしば誤解されている。今日でさえ、MPSの症状や治療を理解していないのみならず、その存在すら信じていない医師がいるのは驚きである。MPSの治療は、正確な診断があってはじめて行うことができる。
これはアメリカのサイトからです。日本と同じような状況ですね。
MPSを知らないから「慢性痛」を正しく理解できません。
MPSを知らないから「線維筋痛症」を理解できません。
MPSを知らないから「痛みの生理学」を理解できません。
MPSを知らないから「心身一如、心身相関」を理解できません。
MPSを知らないから間違った診断をします。レントゲン、MRI、関節鏡などで見られた正常でない所見が痛みの原因だとかってに思い込んでしまいます。
MPSを知らないから手術ができるのです。
筋硬結もまたMPSの結果です。筋硬結にこだわる必要はありません。
MPSは最も普遍的な痛み疾患です。
いろんな治し方があることでしょう。全世界の古代からの人類がそれぞれの地域でそれぞれのやり方で治してきたのでしょう。
慢性痛が増えている背景には医療機器の発展と医師の思い込みがあります。

[PR]

by junk_2004jp | 2014-07-27 06:51 | MPS | Comments(0)


<< 星野監督の手術に関する疑問      痛みが全身に広がる病気をとことん治す >>