心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2014年 10月 31日

慢性痛問題

http://junk2004.exblog.jp/10322167/

2009年2月8日の中日新聞の記事をもう一度読んでください。

【慢性痛】急性痛が治まった後、痛覚神経系が何らかの原因で“誤作動”し続けている状態。原因である傷病が治っても痛みが続き、鎮痛薬などが効かない。急性痛が長引いている状態とは違い、決定的な治療法、治療薬はない。研究先進国のアメリカでは、患者数は約7500万人と推計されている。

九州大医学研究院の吉村恵教授(神経生理学)の話 慢性痛は、神経損傷ではなく筋肉からくる痛みのケースが多い。実態に近いモデルは極めて珍しく、治療法や薬物開発に有効な研究成果だ。


慢性痛はアメリカで7500万人、日本で2300万人いると言われています。

最近「慢性痛」という言葉が流行しつつあります。

これは従来の整形外科的痛みのモデル(損傷モデル;軟骨が減っている、ヘルニアが神経を圧迫しているなど)では説明できないということです。

慢性痛は複雑系といわれます。

損傷が治れば(断端が閉鎖すれば)痛みも治ればいいのですが、脳はそのように進化しなかったのです。

慢性痛に対して現代医学は決定的な治療法はありません。

他人の脳に染み付いた癖を治すということは困難なことです。

不安、うつ、とらわれ、孤独、小児時のトラウマ、アダルト・チルドレン、親の死、親の離婚、伴侶の死、職場家庭のトラブル、これらのことは慢性痛と無関係ではありません。

つまり、治るのはいつの場合もたまたまなのです。患者さん同士の会話や励ましが有効なのかもしれません。

あるいは、私の所まで旅行してきたことがきっかけになり快方にむかったのかもしれません。

転地や転職がよかったのかもしれません。

本を読んだだけでよくなる人だっているのです。

もし、慢性痛をすべて治せると言う人がいたとすれば、話は簡単なのです。その人のやり方でこの問題は解決するのです。

「腰痛は脳の勘違いだった」の著者、戸澤洋二氏はトリガーポイントブロックと認知行動療法で7年間続いた腰痛、坐骨神経痛が3ヶ月で治ったと書いています。スーパー患者さんです。

私は自分の考えを押し付けようとは思いません。それほど自信家ではありません。

よくなるのを待とう、あるいは、寄り添ってやろうと思っています。

確実に言えることは痛みは独立した系で、早期に介入して治すべきだということです。

次はある慢性痛の患者さんからいただいたメールです。この方は痛みの本態に気づいたのでしょう。そして老後を生きていく自信がついたのだろうと思います。

あらためまして省みますと、加茂先生にはまことに筆舌に尽くし難い素晴らしい治療をしていただきました。只今の日本では最高峰の心療整形外科に入院させていただいたと思います。

Aさん、Bさん、Cさんにもどれほど助けられ支えられ教えていただいたことか感謝の思いでいっぱいです。私もわずかにはお返しもできたかなという、思いもこざいます。

わが息子、わが娘の年頃の人たちが、痛い痛いと叫ぶこともせずにじっと痛みに耐えている様子は、この子たちの親になったような気持ちでとても、辛いものでした。

痛みの治療はもとより、これからの老後を生きていく心構えといいますか、自らの取扱い説明書の作り方を懇切丁寧にご教授いただいたと感じております。

もう、たぶん大丈夫だと思いますが、お顔拝見したくなったらうかがいます。素晴らしいスタッフの皆様にもよろしくお伝えくださいませ。



[PR]

by junk_2004jp | 2014-10-31 13:49 | 慢性痛 | Comments(0)


<< 膝痛の新しい考え方      医師がMPSを知らないと起こる弊害 >>