2014年 12月 03日

オーストラリアで2011年に制作された慢性痛対策のためのビデオ

http://blogs.yahoo.co.jp/pina_12_3/35122426.html

Understanding Pain & what to do about it in less than 5 minutes

5分でわかる「痛み」と「痛みへの正しい対処法」!!

=オーストラリアで2011年に制作された慢性痛対策のためのビデオ!!=



《慢性痛対策への熱意》

痛みに対して、最新の根拠に基づいた医療を進め、無駄な手術や投薬を減らし、医療費の削減をしつつ、質の高い医療を提供しようとする熱意と使命感をもって作られたビデオです。
以下に、私なりの解説を書きますので参考にして頂けると嬉しいです。

【慢性痛の原因と対処】

このビデオでは、慢性痛は、怪我などの組織の損傷が主な問題ではなく、文化的・生物学的・社会的・心理学的・環境的な問題が絡み合ったとても複雑な神経系の感度や構造の変化によるものだと述べています。

従って、正常な状態に戻すためには脳・神経系を再教育する必要があり、そのためには、神経系に影響しているかもしれないすべての(悪い習慣などの)事項を把握し、広い視野と高い見地から計画を立てて治療することが良いとしています。

【具体的な対処について】

具体的な対応としては、以下の4項目について述べられているようです。

① 医療機関の受診

初めにやるべきことは医療機関を受診すること。ただし、薬は、治療のきっかけとして限定的に使用するのはOKだが、徐々に減らしやめていく方向性をもち、よりアクティブなアプローチで脳を再訓練していく治療が望ましい。・・・手術を考えている場合は、慢性痛は複雑な機序で起こっているので、手術をしても治らないことは多い。従ってセカンドオピニオンを得て慎重な選択が必要・・・としています。

② 思考と感情

思考や感情が、どのように神経系に影響を及ぼしているか考え、ストレスを減らすための方法を学ぶことで、神経の興奮を抑えることができるとしています。

③ 食生活とライフスタイル

喫煙、栄養、アルコール、活動レベルなどすべてのものを見て-改善の兆候につながる問題を見つけ、それを基にプランを立てましょう。 痛みが生じたころ、起こっていたすべてのことを振り返ってみることによって、(・・経済状況・・健康・・家族・・仕事・・職業・・対人関係・・情緒・・)痛みを持つ多くの人々は、何が痛みを悪化させてきたかの関係を見つけることができます・・・と述べています。

④ 身体活動と機能性の維持

恐怖を取り除き、安心できる環境の中で、身体活動と機能性の維持を心掛ければ、脳は痛みを手放して、徐々にあなたの体の組織を復元しますと述べています。
 
【まとめ】

ビデオの最後には、「痛みは、脳から来ています。それは再教育することができます。全人的に幅広い視点から診て、治療を開始すればたくさんの快復の機会を得ることができます。」とまとめ、「だから、あなたを救う方法があります。ゴールを設定して、はじめましょう。」と慢性痛患者さんを励ます内容となっています。

[PR]

by junk_2004jp | 2014-12-03 16:37 | 慢性痛 | Comments(0)


<< 神経障害性疼痛とは      じらこき >>