2014年 12月 04日

神経障害性疼痛とは

侵害受容性疼痛が神経障害性疼痛となる時



侵害受容性疼痛
神経障害性疼痛
心因性疼痛

侵害受容性疼痛=急性痛 (生理的痛み)

神経障害性疼痛=慢性痛 (非生理的痛み、神経可塑性)

      末梢感作

      中枢感作

⭕️神経障害性疼痛か心因性疼痛か?・・・・再現性、合理性で判断(鑑定であって医師によって判断が異なるかもしれない)

⭕️痛みは我慢すべきものではなくできるだけ早く除痛すべきもの

⭕️神経障害性疼痛とは「椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症によって神経が圧迫を受けて障害されているもの」と誤解している医師が多いものと思う。

⭕️侵害受容性疼痛(急性痛=生理的=損傷、炎症)が神経障害性疼痛(慢性痛=非生理的=痛みそのものが治療の対象)に変化するのは3ヶ月が目安とされているが強い痛みでは数日でなることもある。

⭕️最初より慢性痛のような痛みもあります。中井吉英教授(関西医科大)は図のように痛みを説明しています。脳が不安障害や抑うつ状態にあるとき。
b0052170_347344.gif


⭕️椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、すべり症、分離症などが痛みの原因になることはありません。

⭕️痛みの治療と構造(損傷)の治療は別問題で、多くの場合、優先すべきは痛みの治療です。構造(損傷)の治療は多くの場合ゆるやかな安静固定でいいものです。

⭕️神経障害性疼痛(慢性痛)の特殊なものとして線維筋痛症、CRPS(複合性局所疼痛症候群)がある。

[PR]

by junk_2004jp | 2014-12-04 03:57 | 痛みの生理学 | Comments(1)
Commented by 下関 at 2014-12-04 22:25 x
こんばんは(._.) かなりショックでした(._.
線維筋痛症で障害年○の更○書が届きました。肢体様式ではなく、その他の様式でした。私も初めてなので年金○構さんの、かかりつけの先生で良いですよと
言われたので、お願いに行きました。
でも、(僕は精○科だから~こんな様式
初めてみたよ 、石○県の先生に書いてもらえば )と言われました(T.T)
今までの通院はなんだっんだろうと…
昨年までは、働らこうと思って焦って4回失敗、なんか疲れて、もう更○は、出しませんと伝えました。そんなに更○書類は、嫌われるんでしょうか?
虚無感と淋しさで…いっぱいいっぱいです。


<< 脊椎外科医の間違った思い込み      オーストラリアで2011年に制... >>