心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2015年 02月 09日

バカな診断、とまどう患者、医師を再教育

こんな患者さん、とても多いですよ。有名な脊椎外科医も疑ってみるべきです。

「これぐらいならそんな痛みにはならない」なんて説明します。いったいどれぐらいの大きさなら痛みになるというのでしょうか。そして適切な診断、アドバイスはできないのです。でも有名な脊椎外科医なのです(笑)。

脊柱管狭窄や椎間板ヘルニアは普通にみられる老化現象で痛みの原因になることはありません。
MPS(筋筋膜性疼痛症候群)を知らないのだから永遠に正しい診断にはならないのです。

b0052170_21483280.jpg



前略
今年に入って、地元の書店で「慢性痛が手術なしで治る」という先生の本を購入いたしました。
小生、二年くらい前、左足首まわりに痛みがでるようになり、整形で診てもらったところ脊柱管狭窄症と診断されました。腰に痛みはありません。今もありません。

ブロック注射2回、血の流れをよくする治療をしました。手術を勧められたこともあり、治らないとみられていました。現在、痛みはありませんが、少しふらつくようで、人並みに急いで歩けません。

痛みがないので生活に支障はありませんが、いつ再発するのかと心配でした。

本で「トリガーポイントほぐし」のことを知り、本当に安心しました。九死に一生を得た思いでした。しかし、トリガーポイントを探すのは難しいようです。足首のどの部分にあるのでしょうかご教示ねがいます。

現在、簡単な全身運動をしています。またクロレラを服用しています。これで痛みが治っているのかわかりませんが・・・。お手数ですがご返事えおお願いいたします。

==================

先般、足首周りの痛みについて、お尋ねいたしましたところ早速、ご返事いただき、まことにありがとうございました。脊柱管狭窄症でなく安心いたしました。

再度申し訳ありませんが、手術を心配しました脊柱管狭窄症のことを勉強したいと思いますので、ご教示くださいますようお願いいたします。

MRIの画像では脊柱管に3箇所ほど黒く写っています。これで脊柱管狭窄症と診断されました。以下お尋ねいたします。

1・足の痛みだけで腰に痛みがなかったのはどんな理由がありますか。
2・MRIの画像で黒く写ったのは何が原因なのでしょうか。
3・MRIの画像と足首の痛みは関連ないのでしょうか。
4・MRIだけで脊柱管狭窄症と判断できるのでしょうか。
5・黒く映るのは老化現象なのでしょうか。痛みとの関連はないのですか。
6・脊柱管が全て黒く映るようになったらどうなりますか。

そのほか参考になることがありましたら何でもご教示ください。お手数をおかけしますがよろしくお願いいたします。

[PR]

by junk_2004jp | 2015-02-09 19:55 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(0)


<< 手紙、これが現実      メールをいただきました。 >>