心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2015年 03月 03日

全身の痛みから脱出

Aさんは3年前に転倒で腰を強打、以来全身に痛みが広がっていきました。

線維筋痛症(FM)の治療は薬の選択などかなり個人差があります。
治療は患者さんと医師の共同作業です。今回はかなりうまくいった症例です。
不安の解除、認知行動療法(散歩など)、薬(サインバルタ、リリカ、トラマール、ノルスパンテープ)、トリガーポイント注射(30G、全身)

今後は地元の医師のもとで薬の調整(減量)をやってもらう。

先生のおかげでとても元気になりました。帰りの飛行機では痛みが無く座っていられたので、3ヶ月前に小松を目指して意を決して飛行機に乗り、痛みでうなり続けていたことを思うと、また飛行機に乗ることができるんだとうれしかったです。

加茂先生にお会いするまでは、痛みで眠ることもできず、死んだ方がいいと毎日のように泣いていましたが、今は感謝とうれしさの涙です。今は、「生きてて良かった~」です。


[PR]

by junk_2004jp | 2015-03-03 13:15 | 線維筋痛症 | Comments(0)


<< 筋筋膜性疼痛を知らずして慢性痛...      痛みについて医師も患者も知るべ... >>