2015年 03月 16日

痛みは直ちに鎮痛すべきである

1998年の日本医師会 「疼痛コントロールのABC」
b0052170_18461715.jpg


痛みは時間というファクターが関係する。

痛みをがまんすることによって、痛みが増幅、慢性化、広範化することがある。

慢性痛とは創が治癒したと思われる期間(3ヶ月)を過ぎても続く痛み。

確実に痛みをブロックするには、圧通点(痛覚過敏点)に局所麻酔をうつことです。


[PR]

by junk_2004jp | 2015-03-16 18:53 | MPS | Comments(0)


<< 慢性痛、最近の焦点は「脳」      半月板損傷? >>