2015年 06月 12日

全人的医療

痛み治療の人間学 永田勝太郎・著

「なんといっても究極の痛み治療はセルフコントロールにある。治してもらうのではなく自ら治すものである。なぜなら、生きざまの歪みを変えうるのは自分自信であるからである。患者さん個々がこのことに気づき、自ら行動を変容する。私たち医療職はそのきっかけをつくり、お手伝いをするだけである。」


b0052170_20292739.jpg

b0052170_20295065.jpg


慢性痛=中枢性感作=神経障害性疼痛=痛覚系の歪み=痛みそのものが治療の対象=生物・心理・社会的疼痛症候群=functional somatic syndromel (機能的身体疾患=心身症)

多くの医師はこのことに対して教育を受けていません。

[PR]

by junk_2004jp | 2015-06-12 20:30 | 慢性痛 | Comments(0)


<< えせ医学を信じない      サインバルタ >>