2015年 06月 24日

中高年者の膝の痛みに対する関節鏡手術の効果はわずか 長期的効果は認められず,最新RCT含むメタ解析

Medical Tribune(2015.6.19)

「X線検査で確認された変形性関節症(OA)の有無を問わず,膝の痛みを訴える中高年者に対する関節鏡手術の実施は支持されない」。デンマーク・University of Southern DenmarkのJ. B. Thorlund氏らが実施したランダム化比較試験(RCT)と観察研究のメタ解析から,このような結論が導き出された。膝の痛みに対する関節鏡手術は各国で増加傾向にあるが,その有効性を否定する報告も相次いでいる。同氏らによる今回の解析からは,関節鏡手術による疼痛の軽減効果はわずかで,その効果も短期に消失することが示された。詳細はBMJ(2015; 350: h2747)で報告された。


痛みは筋筋膜性疼痛で、中枢性感作(脳の痛覚過敏)が起きているのです。

手術でよくなるとすれば、プラシーボ効果。

腰の手術も同じことがいえます。

[PR]

by junk_2004jp | 2015-06-24 11:57 | 慢性痛 | Comments(0)


<< 厚労省さん早く対策を立てないと...      慢性的な「痛み」の裏に自閉症と... >>