心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2015年 06月 29日

MPSを治すのに神の手(カリスマ)はいりません

MPSの治療はだれにでもできます。

たぶん太古から世界中どこでも普通にあった病態で、それぞれの方法で治療していたのでしょう。

圧痛点(痛覚過敏点)が治療点となり、そこを押す、揉む、刺す、
お灸、伸ばす、縮める、などいろんな方法があります。

急性痛と慢性痛に分けられます。受傷当初より慢性痛のような状態のこともあります。

急性痛=組織損傷の治療+痛みの治療
慢性痛=痛みの治療

急性痛は組織損傷の程度により安静度が違います。

慢性痛は安静はだめでよく動くことです。

鍼やトリガーポイント注射は有効な方法です。

「腰痛は脳の勘違いだった」の著者は、医師に注射を打つポイントを指示して7年間続いた腰、下肢の痛みを3ヶ月で治しました。

私の著書「トリガーポイント注射で腰痛は治る」に書きましたが、「内科医が私の治療を見学して脊柱管狭窄症で痛いと言われていた奥さんを自分で治療して治った」

http://junk2004.exblog.jp/17571883/

このエピソードも私の治療を数回見学した外科医が奥様を治したです。

このように、だれにでもできる治療です。

キーポイントは痛みの生理学、心身医学の知識です。

治療者は「やさしい人」であることが必要条件でしょう。これを常に保つことは難しい。

「傾聴、受容、共感、支持、保証」これさえできればいいのですが・・・。たくさんの患者さんを限られた時間で診るのですから難しいことです。

慢性化した痛みもTPBだけで治ることがありますが、こじれにこじれた痛みは薬が効果的なこともあります。

特殊な検査はいりません。特殊な技術もいりません。


[PR]

by junk_2004jp | 2015-06-29 17:05 | MPS | Comments(0)


<< 慢性の痛みは脳が作り出したもの      脊柱管狭窄症って一体なになんだ?! >>