2015年 07月 08日

腰痛・治療革命 ~見えてきた痛みのメカニズム~

NHKスペシャル 2015年7月12日(日)午後9時00分~9時49分

http://www.nhk.or.jp/special/detail/2015/0712/index.html

あなたのその腰痛は、「腰」ではなく「脳」に原因があるかもしれません。その場合、症状が劇的に改善する可能性があります。


そろそろ慢性痛に対して本当のことが言われるようになりましたね。

椎間板ヘルニアも脊柱管狭窄症も腰椎すべり症も腰椎分離症も関係ありません。このような診断は痛みやしびれに対して無意味なのです。医師の勝手な思い込みなのです。

急性痛=損傷+痛み(損傷の治療と痛みの治療)

慢性痛=痛みそのものが治療の対象(損傷が治癒したと思われる時期3ヶ月を過ぎても続く痛み)

痛みの認知・反応システム(脳)の異常が起きるのです。痛みは不安や交感神経緊張に反応する筋痛です。

悪性腫瘍や感染症、大きな外傷を除いて、手術なんて以ての外です。

chronic pain (慢性痛)

https://www.youtube.com/results?search_query=chronic+pain

bio-psycho-social pain (生物・心理・社会的痛み)

https://www.youtube.com/results?q=bio-psycho-social+pain

生活の質に日本のコミュニティ流行、特性とインパクトでの慢性疼痛

http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0129262

慢性疼痛は、物理的、心理的、社会的に一般集団に影響を与える公衆衛生問題として認識されています。





[PR]

by junk_2004jp | 2015-07-08 01:58 | 慢性痛 | Comments(1)
Commented by しろやなぎわたこ at 2015-07-08 06:47 x
おはようございます。
加茂先生、今度こそ劇的に先生のご意見が主流へ流れて欲しいですね。
土曜日にちょっとしたお勉強会があるので、以前先生にチェックしていただいたエッセイを皆さんにお配りする予定です。


<< 神経根ブロックと手術      慢性の痛みは脳が作り出したもの >>