2015年 07月 27日

慢性痛の一つの解決策

ある元患者さんからメールをいただきました。

慢性痛の一つの解決策です。経費は0円。

慢性の痛みは潜在意識に潜む怒り、忘れていた遠い昔の辛い体験が原因かもしれません。

加茂先生、ご無沙汰しております。痛みが治まり、先生にお会いする機会が今のところ?なくなってしまいました。

覚えていらっしゃいますか@から治療に伺っておりました。

実は治療して頂いても中々痛みが治まりませんでした。

腰痛は脳の勘違いだったも読みました。

でも多分、自分の心を覗くのが怖かったのだと思います。

でももう痛みと付き合うのも疲れてきていたのだと思います。恐る恐る原因探しを始めました。

ありました❗️そこから辿っていくと、なるほど〜と腑に落ちました。

認めたくない事でしだけど、認めざるえませんでした。

それからだったと思いますが、気が付いたら痛く無くなっていました。

先生のおっしゃていらっしゃる事が本当におきました。

今は痛みからも解放されて、元気に過ごしています。

本当にありがとうございます。先生もお体にお気をつけて、益々ご活躍下さい。


[PR]

by junk_2004jp | 2015-07-27 06:33 | 慢性痛 | Comments(3)
Commented by 薬缶頭 at 2015-07-28 08:33 x
先生おはようございます。
今(7月28日午前8時30分)、NHKで肩凝りに関する番組を放映しています。
肩が痛いのだけど、原因は上腕三頭筋の抹消付近にあった、なんてね。
このところのNHKどうしちゃったんでしょう?政府の政策ですか?先生の圧力ですか?
なんにせよ、こういった情報が広められることは良いことですね。患者を教育するのが一番。以前先生がそう仰っていましたね。ヽ(^。^)ノ
Commented at 2015-07-28 11:49 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by しろやなぎわたこ at 2015-07-28 18:24 x
NHKさんのその番組は見逃してしまいましたが、わたしも微力ながら、「健康カプセル」とか「ためしてガッテン」など、思いつくところへ加茂先生の情報をメールしています。(このブログをご覧の皆様是非情報を発信しましょう)
特筆するとすれば「健康カプセル」の三宅さんが「ヘルニアの手術」をされると聞いた時は、これは大変と加茂先生の情報をお知らせしたところ、退院後お礼状を頂きました。残念ながら手術後ですが。
そもそも神経が何かに挟まっていたいのなら、マッサージなんてされたら激痛ですよね。
あの番組、三宅さんは手術前は立って司会をされていましたが手術後は座って。しばらくまた立っていらっしゃいましたが、最近またお座りになっていてちょっと心配です。


<< 運動系と慢性痛症の関わり      なぜ痛い >>