心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2015年 08月 04日

DLPFC(背外側前頭前野)と fear-avoidance model

慢性痛があるとDLPFC(背外側前頭前野)が萎縮しているとのことだ。

ネットでDLPFCを検索した。

http://utu-yobo.com/jyuken/y_d01.html


背外側前頭前野(DLPFC)の機能

①判断、意欲、興味をつかさどる

機能が低下すると、やる気がなくなる

②扁桃体(へんとう体)のバランスを整える

扁桃体(へんとう体)は、不安、悲しみ、自己嫌悪、恐怖などの感情をつかさどる。機能が低下すると、これらの感情が強く出てしまいます。


うつ病もDLPFCの機能低下が関係している。慢性痛の治療薬にSNRI(抗鬱薬)が用いられるのもこのへんにあるのかもしれない。


海馬も慢性痛で萎縮するとのことだが運動で回復する。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3041121/


b0052170_2261481.jpg

fear-avoidance model


ほとんどの慢性痛は筋肉の痛みだ(筋筋膜性疼痛症候群MPS)。

恐怖を捨て去り動くことがだいじ。(認知行動療法)

ヘルニアや脊柱管狭窄、軟骨のすり減りが痛みの原因ではない。

今までの痛みの医学は間違っていたのだ。生理学的に確認されていて、もはや議論の余地はない。

発達障害(アスペルガー、自閉症、ADHD)、パーソナリティ障害、適応障害、不安障害、アダルトチルドレン、このような障害(先天的、後天的)があれば、痛みに対して脆弱である可能性がある。これは患者さんに責任を負わせることではない。

b0052170_252208.gif

「急性期慢性痛」当初より慢性痛のパターンをとることが予測される。


[PR]

by junk_2004jp | 2015-08-04 02:34 | 痛みの生理学 | Comments(0)


<< 腰痛に屈するな..。: Bac...      適応障害、不安障害、アダルトチ... >>