2015年 08月 31日

「しびれ」と「知覚鈍麻・脱失」

コメント欄に質問がありました。

「しびれ」

ジンジンした嫌な感覚。神経症状ではない。線維筋痛症、筋筋膜性疼痛症候群に付随することが多い。

重いカバンを持っていると手がしびれてきた。

綱引きのあとしばらく手がしびれて動き辛かった。このとき感覚も少し麻痺しているようだった。

長時間正座していて足がしびれた。

鉄棒にぶら下がっていたらしだいに手がしびれた。

高齢者は下肢の筋肉が重力に対抗困難になりしびれを訴えることがある。

ストレスと多いに関係することがある。

「筋肉の緊張→静脈のうっ血」に関係するのではないだろうか。

あなたのストレス度チェック

b0052170_1811482.jpg


「知覚鈍麻〜知覚脱失」

神経症状です。(神経麻痺症状)

局所麻酔を打ったあと

神経麻痺で知覚が鈍麻している。あるいは脱失している(全く感じない)

このような状態も「しびれている」と表現されることがあるもので、ややこしくなります。

医師は注意深く患者に聞く必要があります。

「しびれ」が高じて「麻痺」になることはありません。


[PR]

by junk_2004jp | 2015-08-31 18:11 | MPS | Comments(0)


<< 鍼灸マッサージ師の勉強会でお話...      ヘルニア手術を回避 >>