心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2015年 09月 09日

痛みはいつも心身症(Functional somatic syndrome)

b0052170_17524019.jpg
単身赴任のAさんは家に帰るとお尻から太ももの外側に痛みがでる。

Aさん「いつもここ(当院)へくると楽になるんですがね〜」

私「痛みはいつもそういうもんですよ。」

単身赴任が原因なんでしょうか?

___________________


b0052170_1823910.jpgBさんは以前にヘルニアをやったことがある。

2ヶ月前に左の太ももの裏側がしびれたので(ヘルニアの時と同じ)病院を受診した。

MRIでヘルニアと診断された。薬をもらった。

小康状態だったが、9月はじめに激痛におそわれる。

当院受診。

翌日よくなる。

会社に出勤しようと出かけるもまたもや激痛。

跛行。大変辛そう。

治療で良くなり帰るもまだ少し痛むと再診。良くなって帰る。

明日会社に行けるだろうか。

もちろんヘルニアは何の関係もない。

ヘルニアがあると診断することは「痛みのお墨付き」を与えるようなものだ。

テストになると頭痛がするとか、痛みはパターン化する。

ふさわしくない激痛や痛み行動(この場合は痛む部位を手で押さえて跛行)ほど、心因が絡んでいるように思う。

このような疾患の説明はかなり難しい。

痛みの診断は「大きな組織損傷、悪性腫瘍。感染症、リウマチ・痛風」でない限り、繊細な人間観察が必要です。

整形外科とは最も縁遠い部分です。私はこの仕事を40年もやっているうちに次第にわかってきたように思います。

若い医師に是非伝えたいところです。


[PR]

by junk_2004jp | 2015-09-09 18:13 | MPS | Comments(0)


<< 日本の痛みの医療は失敗だった(...      急性の腰痛の治療は簡単 >>