2015年 09月 26日

慢性痛の治療日数

b0052170_205491.jpg
おかげさまで、小松に滞在した1週間で90%回復し、帰郷してからは先生のブログで勉強し、今は100%治りました!

杖をついても10分歩くのがやっとだった私の姿を見ている知人は皆驚いています。

おかげで「○○が痛いんだけど…」と相談されることも多いのですが、医療従事者でもない私がいいかげんなことを言うわけにもいかず、加茂先生のブログを読むことを勧めております(^O^)


腸腰筋、中臀筋のMPSで、2ヶ月ほど前より、踊りが原因と思われました。いってみれば単純な痛みでまだそれほど時間が経っていません。

「どれぐらいで治るのか」という質問が多い。

「分からない」というのが本音です。たとえ数回診察しても。

慢性痛の治療とは「他人の脳のくせ」を治すようなものなのです。

嫌いな食べ物をどれだけの期間で好きになれるか。

海外では「治療的介入が効果的か」を選別して「効果的」と思われる人だけに対して治療するというのを聞いたことがあります。治療を受ける前に選別されるのです。

現在のところ、すべての慢性痛を治すことはできません。

将来はできるようになるでしょう。脳への介入です。

うつや不安障害、アダルトチルドレン、トラウマ、カサンドラ症候群、自閉症スペクトラム、パーソナリティ障害、適応障害、不信感、強い思い込みなどなど

変えられない環境

このような背景があるなら相当日数かかるでしょう。


[PR]

by junk_2004jp | 2015-09-26 02:44 | MPS | Comments(0)


<< 診断が転々とした症例      うつ+MPS(うつそのもの) >>