2015年 10月 28日

慢性疼痛5人に1人、これは医療の失敗

b0052170_13393125.jpg


この報告より(青字)

慢性疼痛の有病率は全成人の22.5%、推定患者数は、2315万人であった。

結果:疼痛部位は運動器がほとんどであり、医療機関を受診した慢性疼痛の患者の80%以上が整形外科を受診したが、患者の治療に対する満足度は高くなかった。

まとめ:整形外科医は慢性疼痛の知識を増やし有効な治療法を確立する必要があると考えられた。

疼痛は、生体の組織損傷を伝える警告系である。しかし、組織損傷が治癒しているにもかかわらず、疼痛が持続する場合がある。これが一般に慢性疼痛といわれる。慢性疼痛は苦痛が随伴し、心理的、行動的、環境的変化と関連していることから治療に難渋する。

欧州では成人の19%、米国では9%に慢性疼痛がみられると報告されている。


「ヘルニアや脊柱管狭窄が神経を押さえて痛い」「軟骨が減っていて痛い」このような整形外科医が言っていることは間違っていたのです。

ケガが痛みの原因だったのです。

ケガといっても⑴転んだ、捻った、打った ⑵毎日の生活習慣やスポーツ、労働

のふた通りがあります。⑵は一般にスポーツ障害とか労働障害といいます。

この際、思い切って保険病名の変更をしたほうがいいと思いますがね。

そして脊柱管狭窄症やヘルニアの手術は痛み・しびれに対しては保険診療から外すべきでしょう。

手術をしても治らない人、かえって痛くなった人がいっぱいいますよ。


[PR]

by junk_2004jp | 2015-10-28 14:03 | 慢性痛 | Comments(1)
Commented by 国松 at 2015-10-30 21:02 x
 こんばんは。
先生のご意見に まったく 同感です。
どうなっていくのか は  おいらには わかりませんが・・・、
それは お医者さんや 国の機関が 決めることですもんね・・・


<< 慢性腰痛は「医療者の言葉」が原...      長引く痛み、どうすればいいの?... >>