2015年 12月 08日

腰痛 2800万人時代 ~変わる“常識”~ 心理・社会的疼痛症候群

NHK クローズアップ現代 2013年7月2日(火)放送

今春、厚生労働省は驚くべき調査結果を発表した。国内の2800万人が腰痛に苦しんでいることが、全国調査で判明したのである。しかもその8割が原因不明であることも明らかになった。こうした中、日本整形外科学会など関係学会はこれまでの腰痛治療の常識を覆す「治療ガイドライン」を発表した。発症から72時間未満の急性腰痛の場合でも「安静は必ずしも有効な治療法といえない」と明示。さらに多くの腰痛の原因は「心理的・社会的ストレス」だとし、日常生活の改善こそが腰痛予防につながるとされたのである。今、腰痛治療の現場は、心療内科医とチームを組んだ体制が作られるなど、大きく変わろうしている。人々の社会生活を大きく損なさせる腰痛をなくしていくことは出来るのか。番組では、著名人の腰痛体験や治療の最前線のルポを通して、“国民病”の現在と未来を描き出す。 


脊柱管狭窄や椎間孔狭窄、椎間板ヘルニアが痛みの原因になることはありません。

高齢者では健常人でも6〜7割にヘルニアや脊柱管狭窄があります。

生理学では神経を圧迫してもなにもおこりません。

神経を絞扼(締め付ける)すると「麻痺」が生じます。麻痺とは無感覚ということです。

「痛み・しびれ」と「麻痺」とは全く違う現象です。

どうして痛みが起きるのか。

なぜ痛みが慢性化、広範囲化するのかわかっています。

正しい知識で治療をすることです。

手術をしても良くならないことがありますし、よくなったとしてもまた再発することが多いです。

そして2度3度と手術をする人が少なくありません。

よくなることがあるのはプラセボ効果、儀式的効果だと思われます。




[PR]

by junk_2004jp | 2015-12-08 17:59 | 慢性痛 | Comments(2)
Commented by 国松 at 2015-12-08 20:45 x
腰の手術をするのに、首の手術を先にしてから、腰の手術をするカリスマ医師も いたなぁ・・・
それって 一回でいいオペを 2回するんだから 早い話が、
もんだいになってる医療費の二重取りじゃないんですかねえ、その先生は
その気になって さっさと 開業されたとか・・・、あなたを、儲けさせるために 痛みを
もってるんじゃないちゅうんじゃ!!! あぁ~、すぅ~~~と した・・・
Commented by junk_2004jp at 2015-12-09 11:52
それ有名ですね。その犠牲者を2〜3人みたことがあります。
全く生理学を無視しています。それが保険診療パスなんですから!国会で問題にしなくてはいけないほどです。
腰の手術にしても同じことです。
痛くなるたびに「神経が圧迫を受けているから」という間違ったことを宣告して、2度3度と手術をしています。4度目もあるかもしれません。
故意ではないのですが、医師としてあまりに勉強不足、結果的に「オレオレ詐欺」のようなもの。


<< (廣済堂健康人新書) 加茂 淳      痛みはネ、早いとすぐによくなる... >>