心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2016年 01月 20日

椎間板ヘルニアの手術はするな!!(頚椎の脊髄症と馬尾症候群は除く)

毎日、腰の椎間板ヘルニアの手術をしたが良くならない、逆にひどくなった人を診ています。

「ヘルニアや脊柱管が神経を圧迫して痛みやしびれが出る」・・・・これは間違いです。

横田敏勝 著 「臨床医のための痛みのメカニズム」

自由終末と脊髄を継ぐ部分からインパルスが発生することはめったにない。
正常な脊髄神経根の圧迫は痛みを生じない。



熊澤孝朗 著 「痛みを知る」

神経線維は通常、その末端にある受容器から信号を伝えるものであって、その途中が興奮を起こしたりするようなことはありません。


[疼痛学序説  痛みの意味を考える   Patrick Wall著 横田敏勝訳]

Patrick Wallはゲート・コントロールセオリーで著名な生理学者

この割合(椎間板ヘルニアの手術)は現在下がり続けていて、神話がばらまかれて、少数の人の利益になるが多くの人の不利益になるような不名誉な時代は終わった。不利益をうけたある人たちは、手術の結果、明らかにいっそう悪くなった。

椎間板ヘルニアの手術は70年以上もの間行なわれてきた。もてはやされたこともあったが、疑問が増し続けている。ヘルニアの突出と痛みはそれぞれ独立していて、痛みの発現におけるヘルニアの突出の役割ははっきりしない。

以前この手術を熱烈に支持していたマイアミ大学 は、今ではこの手術をやめて、厳密なリハビリテーションのプログラムを採用している。



臨床試験の結果を無視

スミスのチームは、腰痛患者を対象としたX線やMRI(磁気共鳴映像法)検査も問題視している。 腰痛には無関係な異常を見つけるだけに終わることが多いためだ。

40歳以上の成人の8割には、腰の部分に膨らみなどの変形が見られる。医師は手術したくなるが、これは痛みの原因ではない。こうした「異常」がCTやMRIに現れても、腰痛と結び付けることにはほとんど意味がない。

大半の腰痛は筋肉の緊張などによるものだから、画像では原因は分からない。たとえ手術をしても、その効果は市販薬や連動や体を休めることとほとんど変わらず、手術だけは大きな危険を伴う。


椎間板ヘルニアは手術してもしなくても同じ結果

ヘルニアは健常者でもごく普通にみられます。

b0052170_18531916.gif


その痛みは筋・筋膜性疼痛症候群です。慢性化すると、脳に大きな責任がでてきます。中枢性感作、痛覚系の歪み。

b0052170_18571560.jpg

[PR]

by junk_2004jp | 2016-01-20 18:57 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(2)
Commented by 国松 at 2016-01-25 21:28 x
  こんばんは
 おいらは S県のOS病院で カリスマ医師と噂の先生の弟子のような医師にオペしてもらいました。病名は 頚部脊髄症でした。おいらの場合は、やっぱり 筋痛症だったのではないかと 今は 考えています。 もー、 いやっ!  いやっ !    
                              m(__)m
 
Commented by 国松 at 2016-01-28 05:43 x
おはようございます m(__)m

この頃、しずかですねえ ・ ・ ・

しずかでええけど、なんか ものたらんなぁ・・・

あれだけ うるさくて しょうもないかきこみ 多かった

のに… あの書き込みした人 どこ行ったんやぁ・・・ ? ? ?


<< 海外の痛みの文献から(FBで)      不安障害+線維筋痛症 >>