心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2016年 02月 28日

慢性の痛みを管理するための戦略

http://www.pain-medres.info/chronic-pain/pdf/senryaku.pdf

科学文献をくまなく探しても、慢性の痛みそのものを改善する決定的な治療法を見けることはできません。従って、慢性の痛みの治療目標は、痛みを管理して患者の身体的および感情的な機能を回復させ、生活の全体的な質を改善させるようにすることです。


だから急性痛の治療がとても大切なのです!!!

私はしばしばメールや電話で相談を受けます。その例を紹介しますが、これは日本中どこでも毎日起きていることだとおもわれます。

医師に正しい知識を教えること、除痛の方法を教えることです。また一般の方にも知識を持ってもらうことです。

症例1

せきをしたとたんに突然右足に電流がはしり、激痛を感じて起立不能になりました。翌日、規模の大きい病院を受診し、症状の出方から椎間板ヘルニアが濃厚と言われ1週間後にMRIをとりました。MRI検査では「ヘルニア突出は軽度だか、神経に当たっているからこれだけの重い症状がでているのだ」と説明を受け、L5という場所にブロック注射をしました。しかし、症状が一向によくならず、ドクターにも不安を感じたため、⚪️大学付属病院の整形外科へ転院しました。先に撮ったMRIを見てもらったところ、確かにヘルニアはあるが僅かだし神経にも当たってない、これはヘルニアが原因ではないと診断されました。その後、様々な精密検査を受けました。エコー、腹部CT、再レントゲン、再MRI、血液検査です。いずれも異常所見がなく、担当医師も頭を抱えてしまいました。試しに入れてみたS1領域のブロック注射?もやや痛みは緩和するものの、10の痛みが6~7になる程度で依然として右足の痛みのため座位も立位もとれず、寝たきり生活が続いております。一か月に及ぶ寝たきり生活に危機感を覚え、自分なりに情報収集をしたところ、筋筋膜性疼痛症候群という病名に行き着きました私の現在の症状に当てはまるところがいくつもあり、この疾患なのかをドクターに診断していただく必要があると思いました。


ここような症例はしばしば診ています。診察にはレントゲンやMRIは必要ありません。

圧痛点を探せばいいのです。

ヘルニアが神経を押さえて痛みが出ることはありません。

急に痛みが出て立てなくなった。

筋肉の急激なスパズムが考えられます。

咳と関係ある筋肉は腰方形筋、腸腰筋、などでしょうか。圧痛点を探せばいいのです。圧痛点は痛覚過敏点です。

圧痛点に局所麻酔を注射すればいいのです。

痛みが0にならなくても、改善して歩行して帰ることができるようになるでしょう。

心理・社会的な要素がからんでいる場合もありますから注意深く再診します。


症例2

私は現在70才代です。通勤時間1時間程掛けた職場で働いています。2年程前、左足ふくらはぎ外側に強い痛みが生じ、近所の整形医に脊柱管狭窄症と診断され、薬を貰っています。現在6~7分継続に歩くと右モモが痛くなり、さらに歩くと両足のヒザ下がしびれます。少し休むと回復致します。最近友人の紹介された整形外科医院に行きMRIを撮りました。その結果、医師に80才前だからと手術をとすすめられました。友人、知人にこの手の手術を行なった者に話を訊くに、期待した結果になっていない様子です。友人の息子の医師より先生の本を紹介され読み、診察を是非にと要望する次第です。


多くの医師はこのような症例を「脊柱管狭窄症」と診断しますが、極めてナンセンスです。当初は腓骨筋か腓腹筋の筋筋膜性疼痛症候群だったのでしょうが広がったようですね。大事な急性期の痛みの治療のチャンスを逃しています。

「神経が圧迫を受けて痛い・しびれる」なんて専門家が言うべきことではありません。それを聞いただけで「こりゃダメだ!」です。

二つの症例のように医師よりも患者さんのほうが先に正しい知識にたどり着いています。医師よなにしてるんだ。

たとえば、「旅行から帰ってから膝が痛い」「旅行から帰ってからお尻から下肢が痛い」このような患者さんがいても「変形性膝関節症で軟骨が減っている」「脊柱管狭窄症です。」このような病名をつけてしまうのです。

「旅行に行かなかったら痛くならなかった」のでしょう。それなのに画像診断名を告げる。

これは医師の教育に問題があるのです。

またそういう診断をしないと保険診療を事業として継続していけないということもあるのです。

b0052170_2336251.jpg


この本の題の表現をお借りすれば

「慢性痛の9割は医者がつくる」
「慢性痛の9割は保険診療がつくる」







[PR]

by junk_2004jp | 2016-02-28 23:22 | 慢性痛 | Comments(4)
Commented by 国松 at 2016-02-29 05:37 x
 お は よ う ご ざ い ま す  ^^

なぁ~んや そ う い う こ と か い な ・・・

いままでの むつかしくて ややこしい理論は
 
立派なビルを建ててる建設業界発展のために

お医者様たちの 偉い先生方が みなさん 団結してたんかぁ・・・???

 いや、ちがうちがう ・・・ ・・・ ? ? ?

これもまた 詐欺といえば詐欺、 癒着といえば 癒着ですかいなぁ m(__)m
Commented by junk_2004jp at 2016-02-29 15:33
この問題は医師に悪意があるのではありません。間違った教育の結果です。しかし、10年以上この仕事をしていれば気がつくべきです。

「首の痛いのが治ったら腰が痛くなった」「右膝痛が治ったら左膝がいたくなった」「何もしないのに昨日から腰が痛い」私の仕事は駄菓子屋の店主のようなものです。一方、有名大病院は有名百貨店の部長さんです。それなりの売り上げがないと潰れるのです。そこに問題があるのです。
Commented by タク at 2016-02-29 20:31 x
>「慢性痛の9割は医者がつくる」
そう。この日本で、本当に耐え難い痛みになって、どんなに貧乏であっても、痛みに根負けして、謝金してでも病院を受診するでしょう。その時は急性痛なのです。 そこで医師が下す、的外れな診断と治療が慢性痛を生むのでしょう。
患者は医師の管理下にあり、その管理が間違ってる。 せめてペインクリニックとか紹介してくれればいいのですが。 そんな気転も利きません。
Commented by 国松 at 2016-03-01 08:02 x
   おはようございます^^

偉い先生様たちの 給料や年収を 押さえたら、ええですやん。

売上げが べつに 減っても ええですやんか・・・ 
 
まだまだ こたえませんやろ ?

大型のピンクキャバレーのようなセレブ相手の病院もあるんですよ ?

そこの患者さんは ほとんどお医者さんだったりするんですから

なにがなにやら わけが わかりません(泣😢)

 つぶれるところは 潰れていくしか ありませんねぇ・・・

患者ほっといて 自分だけ大儲けしてるとこなんか

さっさと 潰れて しまうのが、世のため 人のためだとおもいますねんけど

あ こりゃ・・・、 また 失 礼  m(__)m


<< 「モントリオール宣言」      慢性痛対策 >>