2016年 03月 07日

ノルスパンテープについて

慢性痛≒神経障害性疼痛=中枢性感作(中枢性の痛覚過敏)=こじれた痛み=痛みそのものが治療の対象

認知行動療法やトリガーポイント注射などでなかなか改善しない場合、ノルスパンテープ、トラマール、ワントラム、トラムセット、リリカ、ノイロトロピン、アセトアミノフェン、抗うつ薬などの薬剤の併用を試してみる。効果は個人差がありますので、いろいろやってみる。

雑誌「夢21」4月号に私が書いた「ノルスパンテープ」に関する記事がでました。

b0052170_1348246.jpg


b0052170_13494744.jpg

[PR]

by junk_2004jp | 2016-03-07 14:05 | 慢性痛 | Comments(0)


<< 慢性痛を診る医者は患者によって...      「モントリオール宣言」 >>