心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2016年 03月 28日

わかさ夢MOOK

「手足のしびれ神経痛速消えた」(わかさ夢MOOK)に紹介されました。

b0052170_20132618.jpg

b0052170_20172417.jpg

b0052170_20175764.jpg


痛みやしびれのほとんどは筋筋膜性疼痛で早ければすぐによくなることが多い。慢性痛になりやすいので注意が必要です。

「神経が圧迫されて痛みやしびれが生じる」「老化した臓器は痛みやしびれの原因になる」いずれも間違いです。

キーポイントは「圧痛点」と「心身医学」です。

圧痛点はその下に過敏になったポリモーダル受容器があります。その深さは経験で大体分かってきます。私は1.2cm30Gの注射針でほとんどカバーしています。ときに3.8mm27Gの注射針を使うこともあります。

治療のあとよくなったことを確認します。

圧痛点は「慢性化して過敏になった脳に繋がった点」です。脳に介入するポイントになります。

打撲捻挫・使いすぎなどの外力によって圧痛点が作られますが、案外多いのはストレスによるものです。痛みを診るものにとって「心身医学」は絶対に必要なことです。

圧痛点を見つけることとそれがなぜ生じたのかの説明ができること、その圧痛点に適切な介入ができること。

心身医学を良く理解していること、適切なアドバイスができること。


[PR]

by junk_2004jp | 2016-03-28 20:23 | Comments(0)


<< 生理食塩水による筋膜剥がしの失敗      慢性痛の入院患者さんの声 >>