心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2016年 04月 27日

「何回で治る?」

慢性の痛みで悩んでいる人は成人の5人に一人といわれています。

私のところにはメールや電話で切実な問い合わせが頻繁にあります。

「どれぐらいの日数が必要か?」

この質問には答えようがありません。

「何日で禁煙できるか?」という質問と似ています。脳にこびりついた認知のくせを何日で修正できるか?だれにも分からないと思います。

もっともやっかいなのは、「取り憑かれている、こだわり、とらわれ、注意集中」。

最近では、「トリガーノイローゼ」「筋膜リリースノイローゼ」

痛みがノイローゼにするのか、ノイローゼが痛みを永続しているのか。医者がノイローゼを作っているのか。

ノイローゼ=不安神経症、もちろんその温度差はあります。軽度なものから、重度なものまで。

「うつと不安は根っこは同じで咲く花が違う」といっている心身医学者がいます。

よくいえば生真面目なんだよね。いい加減さがない。

この世はもっといい加減でいいんだよね(笑)。

次のメールはある患者さんからのものです。合計3回の診療でかなりの改善がありました。

私の技術が優れているなんて気持ちはありません。だれでもできることです。

それよりも、思い切って、夫と小松まで旅行したという非日常がよかったのかもしれませんね。

痛覚過敏になっているポイント(圧痛点)に介入してやる。

傾聴、共感、受容、支持、保証

これがキーポイントなんだけど・・・、保険医は数をこなさないと経営できませんので大変です。

痛みの治療に関心のある人、また痛みに悩んでいる人は参考にしてください。

若い頃から腰痛持ちでしたが、昨年年1月からひどくなり、立っているのが辛くなり、4月に整形外科で診察したところ椎間板ヘルニアでした。そのため、リハビリとして週1回通院して腰痛体操をしていましたが、一向に良くならず痛みも引かず体操すら満足に出来ませんでした。そのため、MRIも撮り再度診察しましたが、ヘルニアの手術を勧められました。

手術はしたくないとので、6月以降はAKA博多法、整体、気功、鍼灸と10か所以上通院をしましたが全く改善されず今日に至っております。現在は常に痛みがあり15分くらい歩くと仙骨付近の痛みがひどくなり立っていられなくなるため、外出もままならない状況です。

1年以上通院したにもかかわらずまったく良くならず、精神的に「一生治らない」かもしれないと不安に感じて精神的にも参っています。


====
東京診療を一回受けて

TPB注射後はお尻の痛みも楽になったのですが、翌日にはまた元に戻ってしまいました。太ももの内側の張りも続いています。

それでも以前よりお尻の痛みもいくらか楽になりました。肩回りの痛みは無くなりました。

これからも先生の治療を受けたいと希望しています。夫と1泊2日で小松市の先生の病院に行きますので、よろしくお願いいたします。

・・・・・・で、ずっとストレスを感じさせていることが腰痛が治らない原因かと、先生のブログを読んでから思うようになりました。


=========
一泊2日の小松での診療を受けて

こんにちは。先週2日間、@からお伺いしましたAです。

先週は大変お世話になりました。

金曜日の診察後も体が軽くなったと感じました。土曜日の午前の診察後には安宅の関に行って付近を散歩しました。

普段は少し歩いただけでお尻が痛くなり歩けなかったのに30分位散歩して昼食も椅子に座って普通に食べれることができました。

いままでは外食したくても、お尻が痛くなって落ち着いて食べれないので控えていましたが、小松市に滞在中の2日間は朝昼晩と問題なく外食ができました。これも先生の診察のおかげだと思っています。

@に帰ってもかなり楽になりました。特にずっと続いていた太ももの張りが無くなったことを驚いています。

また、処方いただいた薬のおかげか、朝起きても頭痛が無くすっきりしていてとても喜んでいます。そして、なにより笑顔が多くなったと夫も喜んでいます。

先生に「運動しなさい」と言われたことで、いままでは動いたら痛くなるという気持ちから、これからは少しずつ動かないと、という気持ちに変われました。

「そのうち治るよ」と言われたことに大変喜んでいます。このお言葉がすごく自信になり前向きに考えられるようになりました。

いままで何十万も整体や鍼に費やしてしましましたが、もっと早く先生の診察を受ければ良かったと本当に後悔しています。


[PR]

by junk_2004jp | 2016-04-27 01:19 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(4)
Commented by seafighter at 2016-04-27 09:26 x
加茂先生

おはようございます。
先生のおかげで腰痛難民から抜け出せそうです。本当にありがとうございます。
これからも夫婦ともども気楽に焦らずに治していきたいと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by ひつまぶし at 2016-04-27 19:17 x
>痛みがノイローゼにするのか、ノイローゼが痛みを永続しているのか。医者がノイローゼを作っているのか。

はい、全部です★

>よくいえば生真面目なんだよね。いい加減さがない。
この世はもっといい加減でいいんだよね(笑)。

あのね、先生。お言葉を返すようですが。
不安気質の人に「いい加減でいい」は、ほぼ禅問答に等しく、難解過ぎます。
「いい」加減というのがわかったら、苦労はしませんてば。
だいたい、「力を入れろ」とは教えられても、「力を抜け」なんてこと、教えられてこなかったから、
力の抜き方のTPOがそもそもわからんとです。
でも不安気質の人は、意外なことに、体力は人一倍あるんだと思うんですよ。
だって、不安解消のために、しんどいことをず~っとやってるわけだから。すごい体力&集中力です。
そのエネルギーを、もっと自分の楽しみのために有効に使いたいものですね★
不安気質の私が言うのだから、間違いない。(たとえ間違ってても、気にしない^^;)

かねてより、「悩んでいるぐらいなら、いっそ小松へ行ってみよう~」が私の「青年の主張」です。
それは、いみじくも先生が書いてらっしゃるとおり、『非日常』が奏功して、
ちょっとした「世界が変わる体験」が味わえる、ということなのではないかな、と。
「やってみたら、意外とよかった」「それまで頭で想像していたものと違っていた」という経験は、
とても新鮮で、大げさに言えば、その後の人生を変えるほどの一歩になるものです。
なんか、、、、教祖サマみたいにご託宣を述べてしまいました(^^)
Commented by junk_2004jp at 2016-04-28 13:07
「ただただ、南無阿弥陀をとなえよ。」

それともヘッドギアつける?(笑)
Commented by 国松 at 2016-06-04 17:04 x
 おばんです m(__)m
この名文を拝見するのは、数知れず ・・・ ?
今日は、プールで歩いたり 浮いてたり 少し泳いでみたり でも歩くときは ほとんど 奥様達の井戸端会議?に参加して、最後には お尻けられた子犬のようにあんたはおもしろくないから、向こうにいきなはれ!と、強い抗議があって疲れました。
ぼや~っと 拝見してたら、なかなか ええこと書いてるやんか? 誰 書いてるんやろか? あらまぁ 名古屋のひまつぶし・・・、ん・・・・
あ ひつまぶし姫 、おひさしぶりぶりです
   m(__)m
この名文 ためになると思いますが、これが 簡単そうで できないんですよ。 世の中 こんなこと わりあい 多いと感じてる 最近のおいらです。
 元気で やってくださいね  終わり

 


<< またもや脊椎専門医の誤診の話      脊椎外科に苦言 >>