心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2016年 05月 31日

軽度頸髄マヒ+MPS

自分でもいろいろな治療を受けたのですが八方ふさがりで原因が分からず困ってしまいました。

事の始まりは、2014年頃から夜寝ていると足が突然勝手に蹴とばすような動きになり起きてしまうことがありました。2014年末、後ろから追突されムチ打ち、その時は、1ヵ月もすると治ったと記憶しています。2015年元旦にお参りに行ったときは階段を上がることが出来ました。3月ぐらいになって朝起きると足がもつれて変な歩き方の時がありました。


A大学病院整形外科・・変形性頚椎症・・・・すぐに手術することをすすめる

B大学病院・・・原因が分からずやはり頚椎の中で神経が圧迫している事で足の力が入らないのでは?手術は慎重に。

_______________

膝蓋腱反射亢進

フスクローヌス、わずかにみられる。

バビンスキ(ー)  トレムナー(ー)

軽度の痙性歩行

腰、腸腰筋、外側広筋、内側広筋、腓腹筋などに圧痛あり。

私の診断:頸髄マヒ(軽度)+MPS

頸髄マヒによる歩行障害にMPSが合併

頸髄マヒは軽度なのですぐに手術が必要かどうかは私は判断を控える。脊椎外科医と相談のこと。

圧痛点に局所麻酔を注射する。

とても症状は改善した。下肢が上がるようになりズボンが履けるようになった。

どれが頸髄マヒの症状でどれがMPSの症状なのか。

MPSを知っている医師はほとんどいないのでこのような症例は診断が苦手だと思う。



[PR]

by junk_2004jp | 2016-05-31 21:32 | MPS | Comments(0)


<< =難治性疼痛:慢性の痛み 市民...      MPSの理解=痛みのメカニズム... >>