2016年 06月 29日

何でも脳のせいにするのは治せない治療家のいいわけだ!

「何でも脳のせいにするのは治せない治療家のいいわけだ!」

このように主張する人がいる。

そもそも痛みは悪循環するということはもはや常識だ。また時と場合によってその強さが違う。

これらの当たり前の現象は脳が関係しているからだ。痛み、特に慢性の痛みについて語るとき、脳を無視することはできない。

MPS研究会は筋・筋膜を研究する会だから、脳の話は2の次、3の次だという意見を聞くことがある。

しかし、中枢性感作(中枢性の痛覚過敏症)をうまく説明しないと「やっぱりトリガーポイントは治らない」といわれるかもしれないのだ。

脳は痛みの電気信号を読み解き反応する重要な臓器なのだ。

慢性の痛みがそんなに簡単に治るものではない。現実に起きていることを説明し、治療の意味を説明し、ともに痛みに立ち向かっていこうというスタンスに立つべきだ。

慢性の痛みにならないことが大切だ。それにはどうしたらよいのか教えることがだいじだ。

私は最近MPS研究会に出席していないが、ネットで様子をみていると気になる。

現状では特殊な団体として常識的医師に敬遠されるかもしれない。

このブログのコメント欄にM研のメンバーから、最近のブログを見て「どうもありがとうございました。」と賛同の鍵コメがあった。

だれでも意見が述べられる会になってほしい。声の大きい人だけの会になってほしくはない。

最近の慢性痛の傾向は明らかに脳の問題になっている。

私たちは末梢のポリモーダルを介して中枢にいかに働きかけるかを考えているのだ。

認知行動療法は癒着が起きないようにするためではない。

止むを得ず薬が必要なときだってあるだろう。いかに上手に使うか。

時代に乗り遅れるな。

慢性疼痛 消えない痛み、考え方のくせ変えて軽く

[PR]

by junk_2004jp | 2016-06-29 18:25 | MPS | Comments(10)
Commented by 患者 at 2016-06-29 22:56 x
質問お願いいたします。
痛みの悪循環が関わっているかいないのか判断出来るのでしょうか?
判断できないとしたら、それを全面にするのは違和感があります。
また、関わり合いの程度の問題もあります。
0か1かの様な言い方は誤解を生みます。
脳がかかわりを持つ事と、それがどの程度なのかという事一色たんで語るのは、少し乱暴ですよね。
Commented by junk_2004jp at 2016-06-30 12:37
痛みの原因が末梢に[も]あるのは炎症です。リウマチ・痛風・仮性痛風、感染症と外傷の反応性の炎症です。外傷の反応性の炎症は3ヶ月もすれば治ってしまうので「慢性痛は3ヶ月以上続く痛み」と一応の目安を言っているのです。強い痛みなら数日で慢性痛になると言われています(CRPStype1)。もともと不安障害、うつ状態であれば、痛覚閾値が下がっているのでわずかな外力で痛みが起きて当初より慢性痛のような感じになることでしょう。慢性痛になりにくい脳もあればなりやすい脳もあります。そもそも「慢性痛」という概念は「末梢に責任がなくなった痛み」という生理学的用語です。その点をしっかり押さえておかないと「ヘルニアが神経を押さえて痛い」「軟骨が減って痛い」「半月板が・・」「癒着が・・」「肥厚が・・」「すべり症が・・」「噛みあわせが・・」ということになってしまうのです。これではディベートで負けます。「慢性の痛み=末梢に責任がなくなった痛み=中枢に責任がある痛み」ということになります。脳はまだよく分かっていないようですね。
Commented by junk_2004jp at 2016-06-30 12:40
急性痛は炎症性疼痛、慢性痛は非炎症性疼痛ともいえます。いつ末梢の炎症が治るのか、いつ中枢の痛覚過敏が起きるのかは「全か無」ではなくて連続性なんでしょう。交通事故で6ヶ月もすれば損保会社は打ち切りをいってきますね。そしてもめることがあるのです。
Commented by junk_2004jp at 2016-06-30 12:46
http://junk2004.exblog.jp/iv/detail/?s=25951658&i=201606%2F26%2F70%2Fb0052170_10153463.gif

この図でお分かりのように脳が関係しない痛みはこの世にありません。痛みを感じると脊髄反射や交感神経緊張や副腎皮質ホルモン放出の反射がおこります。修行をつめば、このような反応が起きないようになるかもしれません。そうすると痛みの悪循環は起きないでしょう。

「心頭滅却すれば火もまた涼し」は痛みの悪循環よりもその前に痛みを感じない脳になっている。
Commented by M at 2016-06-30 13:21 x
私ごとで恐縮ではございますが、ある舞踊家に「自律訓練法」を運動前に必ず行うように促されたことがあります。やはり呼吸法も必須でした。

「誰でもできるトリガーポイント。。。」の本の最後にも記されていましたし、最近では「ターザン」という雑誌にも少し載っていました。古武術にも同じ考えがあるようですし、昔の心理学の本には意識と筋肉の関係が載っていました。

深層筋を少しでも感じることが出来れば、慢性痛を持っていなくても、脳の問題に気づくものだと思っていましたが、、、貴重なMPS治療家には画像診断に戻って欲しくはないです。
そもそも「~のせいで、、、」と考えてしまっている自分の潜在的な怒りの方に気づくことに時間がかかることが、私たち患者の問題なのですが。。。

お話し途中に、横からの長文失礼しました。何か不適切な発言がございましたら、恐縮ではございますが、削除をお願いいたします。
Commented by junk_2004jp at 2016-06-30 14:26
そうですね。痛みが写ることはありません。痛みの結果は写るでしょうが。だからと言ってそれが痛みの原因になっているのではありません。
Commented by 患者 at 2016-06-30 15:26 x
大変失礼なことを承知の上申し上げます。
痛みに関して中枢が関係していないなどと一切申した事はございません。
その上で、末梢と中枢の問題として、末梢に原因がありその場合において末梢を適切の処置できていない状態で、中枢云々を語るのはいかがなものかと言う事です。
痛みが電気信号であるなら、その発生もとは末梢であり、末梢からの電気信号がないのない状態で中枢みずから痛み信号を生成することは考えにくいはずです。
中枢が末梢からの痛み信号を増幅する要素あれど、中枢が痛み信号を生成するなどは考えにくい話です、
ですから、中枢の話をするなら抹消つまり痛み発生源の適切な処理がなされている上で語るべきです。
末梢を適切に処理できていない状況で、中枢の問題に摩り替えるのは話がおかしいですね。FBもみてますが、鍼灸師のK先生の発言も意識したほうがよいと思います。
末梢からの痛み信号がない状態で、中枢がみずから痛み信号を生成したり、増幅するなどという生理学があるのなら是非ご教授くださいませ。
Commented by 患者 at 2016-06-30 15:40 x
そもそも炎症性疾患が痛むのは当たり前の話です。
そんな話は百も承知です。
なぜ運動器は炎症所見がないのに痛みのか?その場合の主な原因はなになのか?
そんな事を意識できていない時点で、非常にレベルの低さ感じます。
過剰な収縮、伸張は痛みを生成する。
このことに気がついていない時点で、運動器の痛みを語る資格はないでしょう。過剰な収縮伸張は筋繊維を壊します。だからその危機を痛みとして伝えるのです。炎症所見など関係ない話です。
散々酷使した末梢のポリモーダルが痛みを伝え易い環境に変成しているのでしょう。痛みを伝えやすい環境にあるということです。これらに循環不良や代償による過負荷が加わることで、痛みを生成します。
痛みが電気信号であり末梢中枢の関係があるのなら、痛みの発生源である末梢の重きは少し考えれば理解できるはずです。末梢が処理できていない状態で痛みが続く=中枢感作はあまりにも短絡すぎでしょいう。電気信号がないなら痛みは認知しません、中枢の増幅要素あれど、中枢が自ら痛み信号を発生するなどという理論はありませんね。
Commented by 国松 at 2016-06-30 20:28 x
名前を名乗るのが 当たり前・・・
そんことも 知らない人たちが
医療活動してるのが・・・、
本物の患者には わかります。
 小さい子供に笑われるために
登場ですか? がんばって くださ~い
人に聞いても わからんひとには
わかることは ないと 思います。
  あ  こりゃ またまた すつれひ・・
しつれいしました~~~~~ m(___)m
Commented by junk_2004jp at 2016-06-30 20:58
今日のブログに書きました。どうぞ自分で勉強をしてください。内容はブログで何度も書いています。

>中枢が自ら痛み信号を発生するなどという理論はありませんね。

そんなこと言ったことはありません。脳の認知や反応が過敏になるのです。


<< 中枢性の痛覚過敏      再び「筋膜リリース」の考察 >>