心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2016年 07月 12日

激しい痛みのため救急車で

1〜2年前、突然痛みが激しくなり、救急車で病院へいく。その結果、椎間板ヘルニアと診断され手術となった。術後、痛みは改善せず。このような履歴の患者さんを同じ日に二人診た。

一人は、その後通院するも医師と口論になる。

一人はさらなる手術を提案されているが、したくない。

救急外来を専門にしている医師はそもそも激しい痛みに椎間板ヘルニアという可能性を想定するものだろうか。

私も当直を経験したことがあるが、バイタルをチェックして異常がなければ、大抵は不安系です。

不安の痛みは本当に強いものです。情動痛は青天井です。圧迫骨折の痛みより強いように思う。圧迫骨折の痛みは疼痛抑制系が働きます。

救急隊は患者さんの病態をみて脊椎専門病院へ搬送したものと思う。

さらなる手術を提案した病院は最近の腰痛番組で脳の関連性を説明しています。笑ってしまいます。

人間の脳は発達していますので情動が絡む痛みほど強く感じるようです。

たとえば「成長痛」。小児が夜に膝などが痛いと泣くが日中は元気に遊んでいる。

たいていは弟や妹がいて、親がそちらにばかり向いているとこのような痛みがおきるとのことです。

それは決して演技ではなく実在した痛みなのです。小児のMPS(筋筋膜性疼痛症候群)とでもいいましょうか。

痛みやしびれを取るための椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症の手術は科学的な裏付けなく、成績も散々なのに今なお保険診療で認められている。国会で厚労大臣に質問してみては。この問題に関して厚労省の責任は?


[PR]

by junk_2004jp | 2016-07-12 03:31 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(1)
Commented by 国松 at 2016-07-12 18:50 x

おいらは、加茂先生には ほんとに
頭が 下がります。先生は 「私は 自分自身で痛みの経験は ありませんが、みなさんに 教えてほしいのです・・・」と、書いておられた時期が長くありました。今の 先生の言葉を 読んでいると
なぜ 国の機関は・・?なぜ都道府県の機関は・・? なぜ 民間の機関は・・?、
 まぁ・・、でも 加茂先生は民間で がんばって
やって おられますよ・・・、奥さまをはじめ、スタッフの方々には 拍手を こそっと しています・・・・・・  m(_________)m 


<< 0.5%局所麻酔5ccがあなた...      医師は診断して説明する義務があります >>