2016年 07月 28日

線維筋痛≒慢性広範囲MPS≒CRPS≒神経障害性疼痛≒ジストニア類似≒心因性疼痛≒身体表現性障害



ジストニア(dystonia)

http://www.geocities.jp/dystonia2005/dystonia.html

 固定ジストニア(fixed dystonia)《ジストニアの類似疾患です。》

・交通事故や転倒等の脊髄の外傷が誘因で脊髄から異常信号が出て、手足・頸部・顔面が硬直します。

・「機械的な原因で、四肢が固くなる症候群で、異常な姿勢を取るジストニアに似た状態」と2004年にSchragらが“the syndrome of fixed dystonia"として発表しました。

・一般的なジストニアの原因とされる大脳基底核には病変がないことが多い。

・罹患部が固定し、知覚トリックがありません。

・複合性局所疼痛症候群(CRPS)または心因性ジストニアと重複することがあります。


● 遅発性ジストニア

主として抗精神病薬の長期投与中(数か月~数年)に起こり、ドーパミン遮断作用をもつ抗うつ薬、抗めまい薬、制吐薬、胃腸薬、カルシウム拮抗薬によっても起こることがある薬剤性の二次性ジストニアです。

・主な症状は、頸部・躯幹の不規則なつっぱり・ねじれ、斜頸、後頸、後弓反張

・病因はドーパミン、アセチルコリン、ノルアドレナリンなど多様な神経伝達物質の異常と考えられています。


● 遅発性ジスキネジア《ジストニアではありませんが、遅発性ジストニアと同じ薬剤性です。》

主として抗精神病薬の長期投与中(数か月~数年)に起こり、ドーパミン遮断作用をもつ抗うつ薬、抗めまい薬、制吐薬、胃腸薬、カルシウム拮抗薬によっても起こることがある薬剤性の異常不随意運動です。

・主な症状は、繰り返し唇をすぼめる・尖らせる、舌を左右に揺らす・突き出す、口をモグモグする、歯をくいしばる、瞬きを繰り返す、額にしわを寄せる、肩をひそめる、しかめ面をする

・重症例では、手指を繰り返し屈伸する、腕を振り回す・ねじる、足踏み、体をゆする・くねらす・ねじる、呼吸困難、不規則呼吸
・病因は脳内のドーパミン受容体の過剰反応と考えられています。


*******************


筋肉のコリ、緩まない筋肉、このようなことを「ジストニア」あるいは「ジストニア類似状態」といえる。

強い痛みを伴うこともあれば、痛みより「苦しさ、辛さ、しびれ、動かしにくい」のこともある。

日本の保険診療は筋肉について全くといっていいほど無知だ。検査結果に出ないからだ。

椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などと誤診されることもある。

きっかけは

長時間の労働、筋トレ、交通事故、ケガ、手術、ストレスなど。

症例

「今朝から首が動かしにくい。前屈みで痛みが走る。」

「昨日、何か変わったことをしなかったですか?」

「電気屋なもんで、天井を向いて仕事しました。」

右の肩甲挙筋の過緊張、筋筋膜痛、急性のジストニアだ。

0.5%メピバカイン4mlを圧通点数カ所に分散して注射して症状なくなった。


この症例でも、「椎間板症」と診断して、湿布と消炎鎮痛剤を渡した場合、筋肉な過緊張が反対側や腰までも広がり、辛い辛い慢性痛に発展する可能性はある。

最近はほとんど30ゲージの針を使っている。

腸腰筋も鼠蹊部からならこれで十分だ。

急性も慢性も効果がある。慢性の場合は認知行動療法や薬が必要なことがある。

b0052170_2235975.jpg



[PR]

by junk_2004jp | 2016-07-28 20:14 | 痛みの生理学 | Comments(0)


<< 痛みからの脱出(6)      痛み治療は時間との戦い >>