2016年 08月 29日

myogelosis=筋硬症

myogelosis=筋硬症

myo:筋    gel:ジェル、ゲル状に硬化    sis:症

発音は「マイオジェロシス」

http://www.merriam-webster.com/medical/myogelosis


Yahooで「myogelosis」で画像検索をしたら私が作成したものが2つでてきた。そのほかはおなじみのトリガーポイントの図。

http://image.search.yahoo.co.jp/search?p=myogelosis&aq=-1&ei=UTF-8

b0052170_4152522.jpg

b0052170_4155378.jpg


これは患者さんが書いた私の似顔絵

b0052170_4171095.jpg


筋肉に視点をおいた病名

myogelosis(筋硬症)

dystonia(ジストニア)・・・・「症候性ジストニア…原因が分かっているもの(二次性)、別の疾患やケガが元になっているものに分類されます。」「固定ジストニア(fixed dystonia)《ジストニアの類似疾患です。》
・交通事故や転倒等の脊髄の外傷が誘因で脊髄から異常信号が出て、手足・頸部・顔面が硬直します。機械的な原因で、四肢が固くなる症候群で、異常な姿勢を取るジストニアに似た状態。複合性局所疼痛症候群(CRPS)または心因性ジストニアと重複することがあります。」

myofascial pain syndrome(筋筋膜性疼痛症候群)

fibromyalgia(線維筋痛症)


痛みの生理学に視点をおいた病名

慢性疼痛

神経障害性疼痛


引き金となった外傷に視点をおいた病名

CRPS


心理に視点をおいた病名

疼痛性障害(身体表現性障害の中の)


画像診断に視点をおいた病名

変形性**症

脊柱管狭窄症

椎間板ヘルニアなど


痛みの診断、治療においていろいろな視点から病名が考えられますが、最悪なのは画像診断に視点をおいた病名です。

保険診療の病名を簡素化、統一できないものだろうか。


[PR]

by junk_2004jp | 2016-08-29 04:25 | MPS | Comments(0)


<< 脊椎外科医には気をつけて!      宝島社ムック 「手足のしびれが... >>