心療整形外科

junk2004.exblog.jp
ブログトップ
2005年 04月 29日

筋筋膜痛症候群

筋筋膜痛症候群の診断基準 (Simons,1990)

●大基準

1.局所的な疼痛の訴え
2.筋筋膜の圧痛点から関連痛として予測しうる部位での疼痛あるいは違和感
3.触れやすい筋肉での索状硬結の触知
4.索状硬結に沿った一点での強烈な庄痛点(ジャンプサイン)の存在
5.測定可能な部位では、可動域のある程度の制限

●小基準

1.圧痛点の圧迫で臨床的疼痛の訴えや違和感が再現する
2.圧痛点付近で索状硬結に垂直に弾くような触診を加えたり、圧痛点に注射針を刺すことで得られる局所的ひきつり反応
3.筋肉を引きのばしたり(ストレッチング)、圧痛点への注射により疼痛が軽快する

診断には大基準5項目すべてと、少なくとも1つの小基準を満たすことが必用

b0052170_0252635.jpg


ストレスと筋骨格系の痛みを結ぶものは筋・筋膜痛です。そして、筋骨格系の痛みのほとんどは筋・筋膜痛です。

椎間板ヘルニアの痛みと言われているものも実は筋・筋膜痛です。自分で診断基準を見て判断できることでしょう。
[PR]

by junk_2004jp | 2005-04-29 00:33 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(3)
Commented by 柔整師です at 2005-04-29 08:38 x
いつも加茂先生のHP、ブログ拝見しております。当院にも過去にヘルニヤと診断されたという患者さんがたくさんみえます。そこで、下肢の知覚鈍麻や足指に力が入らないといった症状を呈する患者さんもみえますが、こういった症状もMPSで説明がつくのでしょうか?ヘルニヤが原因であると言うという理論は除外できるのでしょうか?加茂先生のお考えをお聞かせください。
Commented by junk_2004jp at 2005-04-29 09:16
テニス肘でも握力が低下しますね。筋痛(腱痛)は筋力を低下させます。治療によりすぐに改善しますが。

四肢の末梢部にMPSができると痺れを訴えることが多いようです。それを知覚鈍麻と表現されることもあるのでしょう。

また、http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/images/sinsinsyounohyou.gif

心身症圏内のこの表でも、知覚異常、しびれ、運動麻痺があげられています。

いずれにしても神経障害の症状とは考えられないのです。失礼な言い方を許していただけるのなら、神経障害なら代替医療ではむりですがMPSだから代替医療でも治る可能性があるのです。
Commented by 柔整師です at 2005-04-29 10:13 x
ご回答ありがとうございました。神経根症状とされているものは様々ありますが、日によって症状が違ったり、簡単に改善したり、ヘルニヤといわれた人で、不可逆性の変性になったケースを聞いたことが無い等・・矛盾点の多さに常に悩んでいましたので、MPSの理屈で、霧が晴れる思いです。ただ、腰痛患者の下肢痛や知覚障害は神経根の圧迫であるという考えがいつまで続くのかと考えると・・なかなか、いや、永遠に変わらない気がしてつくづく世の中は難しいと苦笑してしまいます。


<< 結局は筋痛症      急性腰痛症(ぎっくり腰) >>