2016年 09月 22日

変形性膝関節症の人工関節手術を回避できました

70歳代、女性、両膝痛。10年前より、痛みあったが半年前から強くなり歩きにくくなった。手術を勧められている。

b0052170_1255125.jpg


図のような圧痛点あり。内側広筋、膝窩部は腓腹筋に圧痛あり。

約1ヶ月間、5回圧痛点ブロックを行う。2週目よりノルスパンテープを併用。

痛み改善し歩行もよくなり手術を回避できた。

軟骨変性や半月板の変性は中年以降は健常人でも半数以上の人に見られる。

痛みとレントゲン所見(軟骨変性)とは比例しないのは整形外科医にとっては常識。

痛みの生理学では「軟骨や半月板の変性が原因で痛みが起きる」は理屈にあわない。

内側広筋などのMPS(筋筋膜性疼痛症候群)とみるのが理屈にあっている。

だから「膝こり」と表現したほうがいい。同じことが筋骨格系の痛みについていうことができる。「悪性腫瘍、感染症、リウマチ・痛風・仮性痛風を除いた痛みはMPS」

慢性痛と急性痛では治り方が違うように思う。慢性化しないうちに。早期除痛、早期運動!(痛みは学習される=LTP、長期増強)

「老化したものは痛い、神経を圧迫すると痛い」という伝説に終止符を打とう。

内側広筋のMPSは長時間の正座や草むしり(伸展位)、下り坂・下り階段の歩行、ランニング(伸張性収縮・・・筋肉が伸びた状態で力が入る)で傷めることが多い。

次の日に痛くなることが多い(遅発性筋痛)。

圧痛部位にパップ剤。

軽くマッサージ。

負荷をかけずに曲げ伸ばし。

凝った・攣った筋肉を鍛えようとはしない。

凝った・攣った筋肉を無理にストレッチ(正座の動作)すると悪化することがあるので、少しずつ。

内側広筋のMPSでは膝崩れがおきることがある。

次に多いのは鵞足腱炎(脛骨粗面の圧痛)でX脚や内股の人に多いといわれている。

いずれもMPSだから、日頃の手入れ、習慣の改善が重要。

b0052170_156529.jpg





[PR]

by junk_2004jp | 2016-09-22 12:16 | MPS | Comments(19)
Commented by nanatti98 at 2016-09-23 16:31
はじめまして。コメント失礼します。
CRPS を調べていてたどり着きました。
2015年の12月に帝王切開で出産し、術後の痛み止の硬膜外麻酔から腰から足が麻痺し、現在も痛みが続く状態です。
ペイン科では痛みだけではCRPS とは言えないとのことなんですが、CRPS 以外でこんなに痛みが続くことはあるのでしょうか?
MRI では右腸腰筋が萎縮しており、リハビリで回復しつつあります。
皮膚は感覚麻痺、感覚鈍麻の状態。ですが、油で揚げられている痛み、締め付けられる痛み、ビリビリと感電しているような痛みが腰から膝ぐらいまであります。
痛みを抱えながらの赤ちゃんの育児は疲れはててこの先育てられるのか、不安でいっぱいです。
麻酔からの症状なので、ブロック注射等は出来ないとのことで、薬物治療(リリカ、漢方薬)のみです。
CRPS なんでしょうか?他に良くなる治療方法はないのでしょうか?
病院を廻る力もないです。教えていただけるとありがたいです。
Commented by junk_2004jp at 2016-09-24 03:59
神経マヒがあるのなら、硬膜外で血腫ができて神経を絞扼してマヒが生じた。脊髄後角で混線がおこり痛みが生じた。(CRPStype2)

神経マヒはなく手術という外傷がきっかけとなって痛みが長引いている。(CRPStype1)

病名にこだわる必要はないですが、CRPSでないなら何といえばよいのか。

Commented by junk_2004jp at 2016-09-24 04:14
「麻酔からの症状なので、ブロック注射等は出来ないとのこと」

なぜそのような条件がつくのか私にはわかりません。

条件なしであらゆる手段で鎮痛に努めるべきだと思います。

トラマール(注射もある)ワントラム、トラムセット、
ノルスパンテープ、ノイロトロピン

Commented by junk_2004jp at 2016-09-24 04:28
一見神経マヒに見えてもそうでないことがあります。線維筋痛症の症状でも知覚鈍麻はあります。

神経マヒがあるのならビタミンB12なども。

トリガーポイントブロックも

症状のわりにはリリカ、漢方とはよっと不釣り合いのような印象をもちました。
Commented by しろやなぎわたこ at 2016-09-24 14:31 x
nanatti98さん

痛みを抱えての育児は、本当に大変ですね。
この痛みさえなければ、って思いますよね。
加茂先生のお考え(治療)はブログをお読みになってお判りでしょうが
敢えて医療素人として、加茂先生から学んだことを書かせていただくと
「痛いってことがその人にとって大変。それをなんとかしたくて病院へ行ってる。
 癌やリウマチなど特定の病気の痛み以外の痛みは、痛みを止めるということが大事」
「しびれてるのと麻痺してるのは違います。
しびれてるのは、正座してジンジンみたいに、感覚がある。
麻痺は、全く感覚がない」
「痛みは骨格や神経ではなく、筋肉にある」
遠いところにお住まいかもしれませんが
出来れば加茂先生の治療を受けて見られてはいかがですか。
保険診療です。
秋田ナンバー、熊本ナンバーの車が止まっているのを見たことがあります。
実際私も車で9時間かけて、母を連れてきました。

Commented by nanatti98 at 2016-09-24 20:06
子供を見ているとなかなかコメントが出来なくてすみません。
MRIは12月25日に撮ってもらい血腫等脊椎に異常はなく、(術後3週間経っていますので、その間に血腫が自然に無くなることもあるのでしょうか)術後から足が上げられない、階段が昇り降りできないなどの症状があったので、神経麻痺ではないのかと思っています。脊椎外科では検査の結果、原因はわからないが右足不全麻痺の診断でした。
ペイン科では、当初、右側の痛みが強かったので、カテーテルが右によって圧迫したのではないかとのことでした。
現在、腰の辺りL1L2 辺りの左側にも右ほどではないですが、痛みが出てきています。感覚もにぶいところがあります。
可能性としては低いのでしょうが、麻酔薬による神経障害ではないのかなと思ってます。カテーテルでは左の痛みが説明つきませんので。
ブロック注射が出来ないのは、麻酔をしたときに中でどうなっているかわからないと説明を受けました。リスクが高いからやらない方がいいとの判断なのかなとは思っています。
メチコバールは3ヶ月ほど服用しました。ノイロトロピンは副作用で中止。麻薬系はずっと服用するのが怖いので他を試しています。
体が熱っぽく怠いことが多いので、繊維筋痛症も疑ったんですが、症状でよく出ている圧痛点はないようです。
後は試すならトリガーポイント注射になるのでしょうか?
今の薬で、じっとしていると痛みは酷くはならないですが、動き始めると痛みが強くなって動くのがしんどくて、腰の辺りの痛みで呼吸も苦しくなってきます。
これではもうどうしようもないでしょうか。
Commented by nanatti98 at 2016-09-24 22:14
ちなみに脊椎側わん症です。腰椎は側わんは軽度です。
素人がいくら調べて考えても日々治療されている先生が一番よくご存知だと思います。
このまま痛みが徐々に広がって酷くなるのかと思うと、子供はどうなるのかと色々考えてしまって辛くて悔しくて。
これだけ長く強い痛みが続くと痛みが軽くなりよくなっていく可能性はもうないでしょうか?
Commented by nanatti98 at 2016-09-24 22:43
しろやなぎわたこさん
コメントありがとうございます。
こんな状態になってしまって、他人の親切が本当にありがたく嬉しいです。
お母様も辛い思いをされているんですね。痛みは和らいでいるでしょうか。
確かに右足はジンジンとした痺れが強くなったような痛み、電気治療を最強でうけているような感じでしょうか。
下腹部から腰にかけては触っても、温度も痛みもわかりません。
動くと痛みが強くなると医師に伝えたら、それは筋肉痛と言われました。今まで感じていた筋肉痛とは全く質が違いますが、筋肉が動くと痛いのは間違いなくて 痛みは筋肉にあるというのはなるほどと納得です。
私の今の状態が治療可能なのであれば、先生に一度診ていただきたいと思っています。
お母様の痛みが少しでも和らきますよう祈っています。
Commented by 国松 at 2016-09-25 04:44 x
 おはよう ございます m(___)m

 「論より証拠」ですよ。
加茂整形外科医院にまずは
足を運ばれるのがいいと思います・・・
 おいらは、当時 かあちゃんに手を握ってもらいながら大阪から二度、三度・・入院しました。
お陰様で 全快と言って いいほど治っています。
           m(_______)m
Commented by junk_2004jp at 2016-09-25 09:52
http://www2.convention.co.jp/iasp2016/program/speakers.html#award
いかなる組織損傷も、持続性疼痛につながる可能性がある。慢性術後疼痛(CPSP)は医療分野における優先事項となっており、国際疾病分類第11版の新版に含まれることになっている。これは適切な疼痛治療を受けることが人としての権利であり、またCPSPが複雑な生物心理社会的問題であるからである。
Commented by junk_2004jp at 2016-09-25 10:02
お話しでの印象

①そんなことで神経マヒが起きて続くかな?
②神経マヒが起きたとしても短時間で痛みが起きるものなのかな?
③なぜもっと積極的に鎮痛を試みないのかな?
Commented by しろやなぎわたこ at 2016-09-25 17:06 x
nanantiti98さん

おかげさまで母はその時の治療でよくなって、ぴんぴんしています。
その母は、治療を受ける前、娘の私の言うことでさえ疑っていました。
治療に伺った初日は、コルセットをまき、杖をついてやっと歩いていましたが
その治療帰りはコルセットをはずし、受付に杖を忘れました。
老人医療で確か300円弱だったと思います。
私も患者の一人ですが、治療を受ける前は家でソファーに座れませんでした。
1回目の治療の後、家に帰ってソファーに座れた時は感激しました。
何とか1度受診されることをお勧めいたします。
子供さんのこともあるので大変でしょうが。
Commented by nanatti98 at 2016-09-26 03:24
国松さん
はじめまして。
親切にありがとうございます。
思うように動けなくなってしまって、子供を一人前にしてやるまではと思っていますが、このまま皆の迷惑になるなら早く消えてしまいたい。

先生に診ていただくのが一番ですね。
全快に近いほど回復されたとのこと、よかったです。痛みはほんとに辛いですものね。
私も早く治りたいです。

Commented by nanatti98 at 2016-09-26 03:40
どうしてこんな状態になってしまったのか手術をした医師にもペイン科の医師にもわからないようです。
CRPS であれば、一生薬を飲み続けないといけない。
子供が一人で生きていけるようになるまでは、何とか生きていてやりたいので、麻薬を服用し続けること、痛みがこれ以上強くなることに不安があることが治療の妨げになっているのかもしれません。
主人の仕事の都合がつき次第、一度先生に診ていただきたいです。
Commented by junk_2004jp at 2016-09-26 13:02
実際に診ていないので自信をもって言えないのですが・・・

先入観、思い込み、認識、固定観念やレッテル貼りが強い性格ではないですか。

そういうことも痛みや異常感覚や不動性とも関係することがあります。

あまり病名にこだわることなく、よくなることを信じて動いてみてください。
Commented by 国松 at 2016-09-27 06:10 x
ちょっとぐらいは見逃してあげたり・・・
すこしぐらいは、「まぁ・・、いいか」で
スルーしたり、あまりかんかちこな頭よりは
柔らか頭のほうが ココロ 穏やかに・・、 
過ごせそうな気がします・・・
 不安な気持ち、お察しいたします。
おそらく たぶん、その不安感が消失して
よし、やってみるか・・というように
心に なにか 変化がでてくるのでは ないだろうかとおもいます・・・  m(_______)m
Commented by nanatti98 at 2016-09-28 07:22
しろやなぎわたこさん
一日で回復されたんですか、それはすごいです!
先生の治療がぴったりはまったんですね。
私は鍼灸もマッサージも効果はないでしょう、逆に刺激になってよくないし、薬での治療しかないという話で、筋膜性の痛みではないのかもしれません。
でも、先生に違う目で診ていただいたらよくなる方法も見付かるかもしれませんね。
何とか都合をつけて行きたいと思います。詳しく教えていただいてありがとうございます。
Commented by nanatti98 at 2016-09-28 07:51
加茂先生
先生の仰る通りの性格です。
今は不安感も強くなり、輪をかけてややこしくなっているかもしれません。
温めると足の痛みが強くなるので、ブロック注射をすると痛みが強くなる可能性が高いと言われています。腰は温めると少し痛みが和らぐような気がするんですが…
他にも治療方法がありますでしょうか。
とにかく動いてみないと何も変わりませんね。子供のためにも前に進みたいと思います。
Commented by 国松 at 2016-10-01 07:28 x
>皆の迷惑になるなら 早く消えてしまいたい
  おいらも、家人になにも言わず 河川沿いへ
出かけて 静かで 人通りは あるけれど ごくわずか・・というような場所を 数カ月間、探したことが あります・・。今は どうして あんなことを 考えたのか?と思いますが、あの時は がらにもなく 真面目に 考えこんでいました。
 ぼちぼちですよ、急には よくならないかもしれませんが、必ず 治りますよ ^^



<< IASP2016(第16 回世...      ジストニア?筋硬症?筋筋膜性疼... >>