「ほっ」と。キャンペーン
2016年 11月 03日

交通事故による慢性痛をどう補償するか。

昨日、昼休みに、ある人の弁護士から電話があった。

その人は交通事故で転倒して背中を強打した。

以来、同部位に焼け付くような痛みに悩まされている。

補償問題で損保ともめているらしい。

私は事故当初より診ているわけではないが、何度か治療して、意見書を書いたことがある。

損保側の医師はその訴えを認めようとはしないので患者側の弁護士が意見を聞きに電話してきたのだ。

強打したことがきっかけとなって慢性痛(神経障害性疼痛)になったわけだ。

それを他覚的に証明せよと言っているのだ。

サーモグラフィーで体温の状態をみる、発汗の様子をビデオで写す、などが考えられるがそれとて痛みそのものを証明しているのではない。

慢性痛というものの存在を認めないのか?

あるいは、それを認めたとしてもそれは損保の補償の範疇を超えていると言っているのか私にはわからない。

私は同じ土俵で話し合うために損保側の医師に

「慢性痛」の存在を認めるのか否か。認めるのならそのメカニズムを説明しなさい。

その外傷では慢性痛にならないと証明できるのか。

と逆に切り込んではどうかとアドバイスをした。

余計な御世話かもしれないが、お見舞いとして加害者か損保がいくらかお渡しして勘弁してもらえ。

午後の外来で

5年前、中二階から転落して、お尻を強打した人を診た。他医にてトラムセット、リリカを飲んでいるが、はかばかしくない。知人に聞いて当院を受診した。

お尻が痛く、まっすぐに立てない、歩きにくい、仰向きで寝れない。

こんな症例なにもめずらしくもない。

自損なので弁護士の出番ではないだけだ。

中臀筋、大臀筋、腸腰筋などに注射した。少しよくなったとのことで、通院してもらうことにした。


[PR]

by junk_2004jp | 2016-11-03 02:21 | 交通事故診療 | Comments(3)
Commented by 名無し at 2016-11-03 14:32 x
記事とは関係ありませんが、昨日のガッテン腰痛患者の8割が改善見ました。

もうビックリですね。これまで原因はストレスやヘルニア(一部あると思いますが)、筋肉が固まっている(これも一部あると思います)、そもそも人類が二足歩行になったからとかいろいろ言われていましたが、大半の一般的原因は寝返りで改善。
寝返りうてるように運動するだけで改善。

東京大学病院が8月に論文も発表しているので、冗談ではないと思いますし、着目点が画期的でもう素晴らしいですね。
これでより多くの方がそれこそ簡単に改善されるといいですね。
Commented by junk_2004jp at 2016-11-03 20:01
私もみました。慢性疼痛と睡眠障害はとても関係が深いです。
どうも力が抜けないようです。ストレス→睡眠障害(力が抜けない)。

全体は良かったと思います。ただ、理学療法士の方、終わりのほうで「神経圧迫」の可能性もあるようなことをいいましたね。残念なことです。
Commented by しろやなぎわたこ at 2016-11-03 20:40 x
残念ながら見逃しましたが、いい番組みたいでよかったです。また、数年前よりは格段に先生のお考えの方向に進んでいるらしく嬉しい限りです。
こんどのTBSで先生のご意見を多くの方が「正しい」と認識してくださいますように。
またこれは、先生もいつも発言されているように、日本の国民健康保険の赤字脱出にも大きく貢献するはず、日本の未来がかかっているといっても大げさではないと思っています。


<< 「老化したものは痛みの原因にな...      心因が強いほど激痛 >>