「ほっ」と。キャンペーン
2016年 11月 19日

知らぬはお医者さんだけか!

脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、すべり症

看護師にこっそり聞いてごらんなさい。「手術をしたらよくなるか?」って。

ほかの患者さんに聞いてごらんなさい。

先日、当院にある有名な手術派の病院を退職した看護師が腰痛で来院しました。「患者さんは手術をしてよくなったか?」と尋ねたところ「よくなりません」という答え。

家人の無理解に押し切られて手術をする人がいます。「いつまでもグズグズ言っていないで手術をしろ!」
患者「先生(私のこと)、手術をしても痛かったら治療をしてくださいますか?」

案の定、手術をしても痛みが続き、治療にいらっしゃいました。

テレビでも有名な病院ですよ。

「神経が圧迫を受けると痛みやしびれが生じる。(椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症)」「老化、変性した椎間板や半月板、関節軟骨は痛みの原因になる。」このような説は生理学的根拠はありません。統計上も根拠がありません。

患者さんは正しい知識を身につけて人生をだいじにしてください。

これからの若い医師もよく勉強をしてください。

下の患者さんは当院で数日間治療して帰られました。治療後は、近江町市場、東茶屋、兼六園などを観光されました。

2年ほど前に腰の痛みから始まり、左足のふとももからふくらはぎが痺れたようになり長時間歩く事ができません。近くの整形外科にすぐ診てもらい、レントゲンやMRIを撮り、出された診断は腰のすべり症で、治らないと言われました。

コルセットを買い痛み止の薬と湿布薬をもらい様子を見てくださいと言われたのが2年前です。しかし腰の痛みと足の痺れは治るどころか日増しにひどくなっていきます。歩行してても少し休むとまた歩けるになるためにそのことを医者に告げると薬を飲んでコルセットをして様子を見てくれ の繰り返しなので近くのカイロプラクティックの整骨院に半年ほど通院しましが治るどころかひどくなっていくばかりなのです。

今年の4月には歩くと太ももから足の裏にかけての痺れがひどくなり麻痺したみたいになり感覚がないようになり、自分でネットで調べたら腰部脊柱管狭窄による間欠歩行症ではないかと思い内科で整形も部門があるいつも診察もらっている医院に相談してここでもレントゲンを撮りMRIで撮り@@で大きい医療センターを紹介されました。またここでもレントゲンとMRIを撮り出された診断は手術しかないと言われました。

第二の人生を取り出す為に手術しましょうと言われ⚪️月⚪️日入院、手術の段取りで進んでいきました。それが今年の5月でした。

しかし知人に聞いたりネットで調べると手術しても良くならないという悪評ばかり聞き手術は断りました。

ネット検索で調べたら⚪️に⚪️⚪️カイロプラクティックの存在を知り今そこで治療してもらっています。そこで加茂先生の資料のコピーを見せてもらい納得しました。⚪️⚪️で週2回ほど通院して少しずつ改善はしていますがまだ時間がかかりそうなので思い切って加茂整形外科で治療する事に決心しました。



巧妙な「医療化」

悪意はないと思いますが、もう思い込んでしまったのです。


[PR]

by junk_2004jp | 2016-11-19 21:05 | ヘルニア脊柱管狭窄症の矛盾 | Comments(1)
Commented by 国松 at 2016-11-20 09:23 x
>巧妙な医療化
  悪意は ないと、思いたいですが、
ここまで 引っぱったら・・、どうかなと思わざるを得ないですね。もう 答えは 出てるけど、
さっさと 医療体制の見直しを していただきたいです。世界中で やってね !!!
      ☆・・・☆・・☆・(・□・;)


<< メールをいただきました      専門外来SP  >>